<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 2日目◇5日◇TPCスコッツデール(7,266ヤード・パー71)>
 寒暖差の激しい砂漠地帯の冷たい風が体を吹き抜けた。米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」の2日目。この日に前日から持ち越した第1ラウンドの4ホールと第2ラウンドを行った石川遼はトータル4オーバーまでスコアを落として暫定104位タイ。全選手がホールアウトしていないものの、決勝ラウンド進出はならなかった。
前日は“16”のセーターを着用も…16番には辿りつけず
 この日は暫定3アンダーの11位タイで終えていた、第1ラウンド15番4メートルのバーディパットから再開。これを決めきれずにパーとすると、最終18番で池ポチャからボギーを叩いて2アンダーの30位タイで第2ラウンドを迎えた。
 迎えた第2ラウンド。INから出て12番のパー3でボギーが先行すると、直後の13番パー5ではバーディとしたものの、常に苦しい展開となった。15番パー5では2オン狙いのセカンドがグリーン手前の池に入ってボギー。さらに、17番ではティショットを大きく右に曲げてボギーとした。後半も1番でバーディのあとは、3番から3連続ボギー。さらに6番では3オン3パットのダブルボギーを叩いてカットラインはみるみる遠のいていった。
 ホールアウト後の石川の目には光がなかった。「噛み合わない…全部ぜんぜんうまくいかなった感じで終わった」。きっかけは前日にあった。5アンダーまでスコアを伸ばして迎えた13番パー5で、ティショットをフェアウェイに置きながらセカンドを左にチョロ。荒れ地でアンプレヤブルとしてダブルボギーを叩いた。
 「やっぱりあそこが気持ち的に“きた”。パー5でバーディが獲れないというのもストレスになりますし、そこでスコアを2つ落としている。そうとう落ち込むミスだったんでなかなか厳しい」。中断を挟んでこの日は新しい気持ちでスタートしたものの、「切り替えられなかったというより、フェアウェイの真ん中から左のブッシュに入れてという感じだったんで、切り替えの話じゃないと思いますね」と厳しい表情が崩れることはなかった。
 360度をスタジアムに囲まれた名物ホールの16番パー3では、気温が低い中ではあったがセーターを脱いで“16”とプリントされたポロシャツをギャラリーに披露するパフォーマンスも見せた。だが、それも「(気温が)寒かったです。結果も寒かったけど」と自嘲気味に語るのみ。「体調を整えて次の試合に臨めるようにしたい」と語ってコースをあとにした。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【レッスン】飛ばしの極意#4 タメるのは手首じゃなくてヒジだ!
【レッスン】飛ばしの極意#3 正しい飛ばしのトップの作り方