6日、午前3時57分(現地時間)ごろ、台湾高雄市でマグニチュード6.4の地震が発生。中国のネットでも無事を祈る声が広がっている。

写真拡大

2016年2月6日、午前3時57分(現地時間)ごろ、台湾高雄市でマグニチュード6.4の地震が発生。中国のネットでも無事を祈る声が広がっている。

【その他の写真】

現地メディアによると、これまでに台南市永康区で倒壊したマンションから救助された人のうち、生後間もない女児と男性1人の死亡が確認された。このほかにも、複数のビルが倒壊しており、被害拡大が懸念される。

この地震は、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の検索ワードランキングでトップになるほど大きな注目を集めており、ユーザーからは「無事を祈ります」「こんな時に政治は抜きだ。速やかに救助されてほしい」「旧正月だっていうのに。死傷者が少ないことを祈る」といった台湾人の無事を願う声が多数寄せられる一方で、「大事な時に君たちを助けるのは米国でも日本でもなく、君たちが日ごろ反発している中国大陸なんだよ」「高雄の人々の無事を願う。私たちは天津爆発を喜んだ一部の台湾人のようなことはしない」といったコメントも、ほかのユーザーから多くの支持を集めている。(翻訳・編集/北田)