日本人にとっては生活に密着した存在とも言える自動販売機だが、訪日外国人にとってはその数や種類の豊富さが珍しく映るようだ。(イメージ写真提供:(C)Apichart Tangsurakij/123RF.COM)

写真拡大

 日本人にとっては生活に密着した存在とも言える自動販売機だが、訪日外国人にとってはその数や種類の豊富さが珍しく映るようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本には本格アイドル並みに可愛い自動販売機まで存在する」と伝え、日本は何でも可愛くしないと気が済まないらしいとして、日本の可愛い自動販売機についての記事を掲載した。

 記事はまず、日本では自動販売機が「23人あたり1台の割合で設置されている」と紹介し、日本は人口に占める割合が非常に高い「自動販売機大国」だと指摘。自動販売機は日本人の生活に密着しており、都会だけではなく地方部にも多く設置されており、種類も豊富で、飲料のみならずコメやお菓子、パン、果物、生活用品まで販売されていると紹介、外国人は「日本に行ったら必ず自動販売機のとりこになる」と論じた。

 また、飲料の自動販売機は、1年を通じて温かい飲みものと冷たい飲みものの2種類が販売されており、冬でもビールなどは冷たくして飲む、と日本ならではの特徴を紹介。タバコの自動販売機はタスポによる年齢確認が必要で、先進的な機能がついていることを紹介した。

 なかでも記事が写真を掲載して強調しているのが「可愛さ」を売りにした自動販売機だ。キャラクターを模した販売機などを写真付きで紹介し、「機械がきれいでかわいらしく、そのうえ内容も面白い」とした。自動販売機の前に立つとその人に合った商品をおすすめしてくれる先進的な自動販売機もあり、「映画に出てくるハイテク商品」のようだと感嘆した。

 また記事は、日本人にとって自動販売機は特別な存在だと説明。1台が必要とするスペースは小さいが、「日本人のニーズを満たしてくれる」からだ。のどが渇いたときも、空腹時も自動販売機を探せば解決する。こうした様々なニーズが日本に各種の自動販売機を作らせたのだろうと分析した。また、日本人のセルフ機器への依存は相当なもので、中身も外観も顧客の需要に合わせる努力をしているため、商品の更新速度も速いと、日本の自動販売機を高く評価した。

 中国では日本と異なり、ほとんど自動販売機を見かけない。自動販売機を設置すると、商品はもちろんお金を盗まれてしまうからだ。これまでにも中国で自動販売機を設置しようとした試みはあったが、そのたびに破壊され、商品やお金が盗まれるなどする事案が相次いでいた。一方の日本でこれだけ自動販売機が普及したのも、日本は治安がよく、破壊されたり、盗まれたりする心配がないため、安心して設置できるという理由もあるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)Apichart Tangsurakij/123RF.COM)