6日午前3時57分(現地時間)ごろ、台湾高雄市でマグニチュード6.4の地震が発生。マンションが倒壊し、赤ちゃんの死亡が確認された。

写真拡大

2016年2月6日午前3時57分(現地時間)ごろ、台湾高雄市でマグニチュード6.4の地震が発生した。

現地メディアによると、台南市永康区で150戸のマンションが倒壊。これまでに生後10日の女児の死亡が搬送先の病院で確認されたほか、男性1人が心肺停止の状態だという。台南ではこのほかにも多くの建物が倒壊しており、被害拡大が懸念される。(翻訳・編集/北田)