“家事えもん”がテレビで話題!直伝の「そうめんピザ」を作ってみた
 最近テレビでよく見かける、“家事えもん”。その正体はお笑い芸人の松橋周太呂さんで、“家事の達人”として日本テレビ系列『あのニュースで得する人損する人』などに出演中です。

 掃除や洗濯で使える優秀アイテムを紹介したり、意外な食材のかけ合わせで作る「かけ算レシピ」を披露しては共演者が大きなリアクションをしていますが、本当のところどうなの?

 ということで、松橋周太呂さんが著書『すごい家事−人生の「掃除の時間」をグッと縮める−』(ワニブックス)で紹介している「チーズとろけるサクサクそうめんピザ」を、普段はまったく料理しないずぼらライターが作ってみました!

 パリッと焼いたそうめんがピザ生地の代わりになるんですね。さて、ちゃんと美味しくできるかな〜。

◆料理嫌いライターがそうめんピザ作りに挑戦

<材料>

・そうめん……1束
・アスパラ……2本
・ベーコン……2枚
・オリーブオイル……大さじ2
・粉チーズ……大さじ2
・ケチャップまたはピザソース……大さじ2
・ピザ用などのとろけるチーズ……大さじ4

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=449018

◆超カンタン!「茹でる」「焼く」「のせる」だけ

<作り方>

(1)まず、そうめんを半分に折って茹でます。茹であがったら水で洗ってヌメリをとった後、しっかり水切り。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=449025

(2)アスパラとベーコンを薄切りにして、焼き色がつくまでオリーブオイル大さじ1で炒めます。今回は香ばしくなるようにだいぶこんがり焼いてみました。

(3)茹でたそうめんに粉チーズを加えて混ぜます。意外すぎる組み合わせで見た目ちょっと気持ち悪い……。でも、粉チーズがつなぎになるんですね。

(4)フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れて、そうめんを均等になるように広げます。

 本当は、クッキングシートを3cm幅に切って円を作り、フライパンにのせてそうめんを流し込むことになっています。でも、お箸でそうめんを円の形に成形できたので不要でした。手間がかかるし邪魔になるだけかも。

(5)片面を4分ほど中弱火で焼いて、焼き目がついたらひっくり返します。裏面も3分ほど焼きます。まあ、焼き時間は自分で判断してよいのではないかと。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=449044

(6)ケチャップを塗って、アスパラ・ベーコン・チーズをのせます。おお、見た目も香りもピザっぽい……。フタをしてチーズが溶けたら出来上がり!

◆実食タイム

 チーズがとろりとなっているうちにすかさず実食。間違いなくピザの味。美味い! パリパリとした食感とケチャップとチーズの味があれば、脳がピザだと感じるようです。上にのせる具材は、アスパラ・ベーコンに限らずなんでもアリかも。

 そして、何より超カンタン。そうめんを茹でるのも焼くのも、よっぽどじゃない限り失敗しないのではないでしょうか。注意すべきは、片面を焼いたそうめんをひっくり返すときくらい? 表面はまだ柔らかいのでちょっとドキドキしました。形が崩れないようにしっかり焼きましょう。

 自宅でパーティーをするときに作れば子どもから大人まで喜ばれそう。家事えもん、なかなかやるな。

<TEXT/林らいみ>