谷や 谷やスペシャル 1500円

写真拡大

稲庭うどん、讃岐うどん、更科そば…日本橋で絶品の“麺”を味わうなら、ココで決まり。厳選の3杯を、ぴあMOOK『日本橋のおいしい店』からご紹介!

【日本橋】ユッケ、とりわさ、親子丼! 名店の極上「肉丼」厳選3

日本橋 古都里(水天宮前)

秋田の老舗の稲庭うどんに、とり天とゴマ油でアクセント

とり天うどん 1100円

『寛文五年堂』のいなにわ手綯いうどんに茨城県産の地鶏の天ぷらと刻み海苔をトッピング。汁にはゴマ油を垂らすことで、上品さの中にアクセントをプラスした。鶏の天ぷらは下味が付いているが、汁に浸すと一層旨い。

稲庭うどんの専門店としての顔を持つ一方、昼は握り寿司や定食が味わえ、夜は刺身を中心とした豊富な一品料理とともに酒が楽しめる。秋田県の老舗『寛文五年堂』のいなにわ手綯いうどんに合わせるのは、枕崎産の良質な鰹節と利尻昆布で出汁を取った上品な汁。稲庭うどん特有のツルリとしたのど越しは、飲んだ後の〆にもぴったりだ。

Data
03-3664-1030
11:00〜15:00/17:00〜23:30(LO)、土曜・日曜・祝日11:00〜16:00
無休
6席
中央区日本橋蛎殻町2-2-1 冨田ビルディング1F
カード・可
予約・可
昼目安・850円〜1700円 夜目安・4000円〜5000円
喫煙・可(ランチは不可)
東京メトロ半蔵門線水天宮前駅4番出口より徒歩約1分

利久庵(三越前)

納豆、海苔、鰹節、卵……伝統のそばを大胆なぶっかけで

納豆そば 950円

40年来の名物という一品は、更科そばに国産大豆の水戸納豆、『山本海苔店』の特製海苔や『大和屋』の鰹節など、日本橋の老舗の味をトッピング。混ぜれば、納豆の粘り気に具材や汁が溶け合い、渾然一体となった味に。

昭和27年創業のそば処の真骨頂といえば、純白の瑞々しい更科そばだろう。北海道の北空知産のそばの実を厳選し、実の中心部分だけを使って打つため、清涼感は抜群。上品な風味とツルリとしたのど越しが楽しめる。1階ではそんなそばを中心に夜には豊富な一品料理を用意。2・3階では会席コース5950円〜(要予約)も楽しめる。

Data
03-3241-4006
11:00〜20:30、土曜11:00〜16:00、2・3F11:00〜14:00/17:00〜20:30、2・3F土曜11:00〜14:30
日曜・祝日
74席
中央区日本橋室町1-12-16
カード・可
予約・可(1Fは不可)
昼目安・1000円 夜目安・2000円
喫煙・可(ランチは不可)
東京メトロ銀座線ほか三越前駅4番出口より徒歩約1分

谷や(水天宮前)

讃岐うどんを愛して止まぬ店主が、無添加、無化調で作る絶品の一杯

谷やスペシャル 1500円

讃岐うどんの基本であるぶっかけをベースに大エビ天、半熟卵の天ぷら、牛肉の甘辛煮、とろろ、わかめなど、5種の人気のトッピングを盛り付け。麺の量は小200g、
中300g、大400gから選べる。500gの特大は+150円。

17歳で香川県高松市の名店『もり家』に修業に入り、青春のほとんどをうどんに費やした店主が、本場の製法にこだわった讃岐うどんを提供。豪産と香川県産の地粉をブレンドし、足踏み、手ごねで仕立てるうどんは、切り立て、茹でたては当然打ち立てに徹底。添加物を使わず作る汁もイリコ出汁のきいた、力強くも優しい味わいだ。

Data
03-5695-3060
11:00〜15:00/18:00〜22:30(LO22:00)
不定休
33席
中央区日本橋人形町2-15-17 海老原ビル1F
カード・不可
予約・不可
昼目安・600円〜 夜目安・600円〜2000円
喫煙・不可
東京メトロ半蔵門線水天宮前駅7番出口より徒歩約2分

※昼のみ、夜のみのメニューを掲載している場合もあります。詳しくはお店へお問い合わせください。
※本記事に掲載されている情報は、2015年9月〜10月の取材時のものです。配信後にやむを得ない事情により、掲載内容が変更になる場合もございます。あらかじめご了承ください。

ぴあMOOK『日本橋のおいしい店』

大人が楽しい街「日本橋」界隈のおいしいお店を1冊にまとめました。
巻頭特集は、このエリアの美食を支える七人に迫る企画。そのほか100余年の歴史を誇る老舗・手土産・名酒場などさまざまなお店を厳選セレクトして紹介しています。街の歴史がわかるコラムも掲載。保存版にしたいグルメガイドです。