写真提供:マイナビニュース

写真拡大

○大画面で楽しみたい天気アプリ

天気がわかるアプリは色々存在する。それらは「晴れるか雨が降るか」「寒いか暑いか」をアイコンでわかりやすく表示してくれるアプリと、気温の変化や数日先の天候、注意報などを詳細に教えてくれるアプリに大別できる。

簡単な天気情報が欲しいだけであれば、カレンダーアプリなどでスケジュールと一緒に確認できるものもあるが、詳細な情報が必要であれば、大きく見やすい表示の方が使いやすいだろう。

詳細情報が見られるアプリの中で、特にiPadの大画面で利用したいものが「気象ライブフリー」だ。

天候の変化や気温といった各種情報をテキストで教えてくれるだけでなく、ビジュアルでわかりやすく天気が確認できる。iPhoneでも利用可能だが、その天候グラフィックの見映えが良いから、大画面で使いたくなるのがポイントだ。

名前に「フリー」とあることからわかるように、有料版も存在する。有料版では広告表示がなくなり、よりアプリの特性が楽しめるようになるから、しばらく使ってからアップグレードしてみても良い。

○位置情報や指定地域の天気を表示

気象情報を見る場所は、市区町村単位で指定できる。GPSをオンにしておけば、現在地として移動にあわせた天候表示も可能だ。都市名を入力して地域指定するが、複数選択可能で、日本だけでなく世界単位で行える。

地域を指定すると、全画面で情報が表示される。背景にはその天候に合わせた空の画像が表示される仕組みで、快晴か少し雲があるか、雨が降っているのか、昼か夜かで刻々と表示が変化する。

現在表示している天気の地域は左上に表示されており、地名をタップするとロケーションリストが表示される。リスト上で気温と大まかな天候がわかり、地名をタップすると表示が切り替わる。また、全画面表示の状態で左右にフリックして地域を切り替えることも可能だ。

アプリを開いたままデスクにおいておけば、窓から遠い席でも今の天候がすぐにわかる。そして、自分がいる場所とは関係のない地域でも、よく晴れている地域を表示しておけば、外が雨でも雪でもデスクには快晴の画面が表示される続けるわけで、良い気分転換になるだろう。

○表示内容とレイアウトを細かく指定

標準では、大きな時刻表示に気温や4日先までの天気、3時間ごとの天候変化、降水量などがダッシュボード形式で表示される。気温だけでなく体感温度が表示されたり、日の出日の入り時間や風速などまでわかったりと、かなり情報量の多いUIだ。4日先までの天気表示はフリックするとさらに4日分が確認できるため、週間予報として利用できる。

画面をタップすると右上に歯車のアイコンが表示され、ここから細かいカスタマイズが可能だ。「表示」タブでは気温の華氏/摂氏の切り替えや風速、気圧の表示に利用する単位なども変化させることができるし、通知関連について決定できる。

気象注意報や天候の変化を通知するようにしておけば、室内にこもって仕事をしているうちに外は大荒れだった、というようなこともなくなるだろう。もちろん、夜間通知をオフにしておくこともできる。

「レイアウト」では標準のダッシュボード形式のほかに、3時間ごと表示や4日先までの天気表示を省いたもの、テキストのみのもの、円周表示のものといった基本レイアウトを選択できる。

ここで基本レイアウトを選んだ後で「パラメーター」タブへ移動すると、その表示の中で何を表示するのかを指定可能だ。レイアウトによって表示できる項目数などは変わるが、自分に見やすい表示を作れる。

「パラメーター」で上位に設定したものはウィジェットでの表示にも反映されるから、上手に設定しよう。ウィジェットには「詳細」と「コンパクト」があり、「詳細」にしておくとウィジェットだけでも多くの情報が得られる。のんびりと画面の変化を楽しむ余裕はあまりないが、普段から詳細な気象情報が欲しいという人にとっても便利なはずだ。

現在地や最初に登録したポイントの気温は、ホーム画面のアイコンに添えて表示される。ウィジェットを見るのすら面倒だという人は他のアプリを使うついでにアイコンをちらりと見れば済むから、かなりいろいろな使い方に対応してくれるアプリといえるだろう。

利用料金:無料

制作者:Apalon Apps

気象ライブフリー

(エースラッシュ)