日本通信は5日、固定電話の番号にかかってきた電話をスマートフォンで受けられるサービスを発表した。同サービスは、パートナーを通じて順次提供される。

 着信に加えて、スマートフォンから固定電話番号での発信も可能になる。これにより、携帯電話を契約することなく、ひとつの電話番号で日本国内のどこにいても発着信できる。利用者は、SOHOや個人事業主、在宅ワーカーなどが想定される。

 設定は簡単で、専用アダプタに電話とインターネットのケーブルをさして、自動設定が完了するのを待つだけ。数分でスマートフォンが固定電話の受話器となり、同じ電話番号のまま固定電話の通話料金で利用できるようになるという。