暫定首位でホールアウトした松山英樹(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 2日目◇5日◇TPCスコッツデール(7,266ヤード・パー71)>
 米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」の2日目。初日に消化しきれなかった第1ラウンドの続きを終了後に第2ラウンドがスタートし、6アンダーの首位タイからでた松山英樹は4バーディ・3ボギーの“70”でスコアを1つ伸ばし、トータル7アンダーでフィニッシュ。ホールアウト時点で暫定で首位タイをキープした。
松山英樹も登場!フェニックスOP初日ハイライト動画
 OUTコースからスタートしたこの日は3番パー5でバーディを先行させると、続く4番パー3ではティショットを3メートルにつけて連続バーディ。さらに8番では約7メートルを放り込んで後続を引き離した。
 しかし、9番でティショットを右のバンカーに入れてボギーとすると、ハーフターン後の14番もティショットのミスからボギー。17番でバーディを奪い返したが、最終18番はグリーン右手前のバンカーからのショットが大きくピンをオーバーしてボギーフィニッシュとなった。
 第1ラウンドを2アンダー30位タイで終えた石川遼は、第1ラウンドの続きを第2ラウンドをスタート。4ホールを残しているものの、4つスコアを落とす苦しい展開となっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>