中国の“爆買い”に対抗? シティの4選手が中華料理に挑戦!

写真拡大

▽最近の中国による“爆買い”に対抗する意味なのだろうか。マンチェスター・シティが、中華料理の珍味を試食する面白動画を作成した。

▽参加したのは、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ、イングランド代表GKジョー・ハート、同MFファビアン・デルフ、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネの4選手。アグエロとハート、デルフとデ・ブライネの2人1組に別れ、中国人の料理人が調理した“難敵”に挑んだ。

▽最初の料理は、白身魚のスズキを蒸し、その上にチリソースをかけたようなもの。これに挑戦したアグエロは、フォークを使って恐る恐る口の中に入れ、何とか食した。しかし、日本のテレビ番組でもよくある、調理前の実物を見るくだりもあり、アグエロとハートは本物のスズキの登場にやや困惑した表情を見せた。

▽2番目の料理は豚の耳。アグエロとハートは口にほおばるが、馴染みのない食感だったのだろうか、両者ともに噛み切れないご様子。ハートは実物が分かった際、「オー・マイ・ガッド」と思わず口にしてしまう。一方、デルフ&デ・ブライネのコンビは、デルフこそ挑戦したものの、デ・ブライネはフォークさえ持たず、異様なモノを見る悲しげな表情を続けた。

▽3品目はカモの舌。この料理の異様さに驚いたのだろうか、デルフは自身の指と照らし合わせて本当に食い物なのかと言わんばかりのアピールを開始。一方、アグエロはフォークで突きつつ、「コウモリだろ? コウモリだろ?」と連呼した。

▽最後は、鳥の足を蒸したもの。これには両組ともに太刀打ちできず、苦い顔をし続けてギブアップ。なお、デ・ブライネのフォークは最後まで微動だしなかった。シティの4選手が中華料理に挑戦した模様の動画は以下のURLからチェックしてみてください。

◆シティの選手たちが中華料理に挑戦!

https://www.youtube.com/watch?v=EqdPr7Fezao