5日、韓国国防部は北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射準備がかなり進んだ可能性があると明らかにした。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年2月5日、韓国・聯合ニュースによると、韓国国防部は同日、「北朝鮮の長距離弾道ミサイルの発射準備がかなり進んだ可能性がある」と明らかにした。

韓国国防部のムン・サンギュン報道官は5日、「北朝鮮が通告したミサイル発射予定期間が近づいているため、発射の準備がかなり進んでいるとみて、追跡、監視を続けている」と明らかにした。北朝鮮の平安北道東倉里にあるミサイル発射場の具体的な状況については言及を避けた。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「それは日本と米国が教えてくれた情報でしょ?」
「北朝鮮がミサイルを発射したらどうするのか、具体的に説明してほしい。どうせミサイルの破片を拾うくらいしかできないのだろう…」

「周知の事実をわざわざ発表し、旧正月連休の楽しい雰囲気を壊さないで」
「北朝鮮のミサイル開発技術はどんどん進化しているのに、北朝鮮の何倍もの国防予算を使う韓国軍は何をしているの?」

「韓国国防部の特技は、北朝鮮のミサイル発射の準備状況を中継すること。それ以外にできることは何もない」
「何も考えずに、米国の指示通りに動けばいい。それが一番安全だ」

「北朝鮮がミサイル発射の準備を進めている間、韓国軍は国からの予算でゴルフ場を建設していた」
「韓国も核開発に踏み出すべき。北朝鮮を黙らせる方法はそれ以外にない」(翻訳・編集/堂本)