写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●華麗なる技術の無駄遣い
Cerevoは5日、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」に登場するアイテム「ドミネーター」を、1/1スケールで再現したスマート・トイ「DOMINATOR(ドミネーター)」を正式発表した。同社直販サイト「Cerevo official store」などで2月18日から予約開始する。発売は3月上旬から順次。

アニメ「PSYCHO-PASS」に登場する特殊拳銃「ドミネーター」を忠実に再現した自動変形機構を備えるスマート・トイ。作品中のドミネーターは、対象者に向けることで、犯罪者になる危険性を表した「犯罪係数」を測定でき、一定以上の数値が確認された場合は自動変形して対象者を執行(発砲)することができる。その際、基本モードの「パラライザー」から、執行モードの「エリミネーター」へ本体形状が自動変形する。

今回発売する「ドミネーター」は、「パラライザー」「エリミネーター」2つのモード間の自動変形機構に加え、音声再生機能、LED発光、タッチセンサ、犯罪係数測定などを備える。作品の世界観を再現するため、グリップ部に静電容量式のタッチセンサを搭載。劇中同様、握ると自動で起動するほか、"不正ユーザー"としてトリガーをロックすることもできる。

大きな特徴のひとつ、内蔵モーターによる自動変形機構では、総合モーターメーカーである日本電産の協力により、独自カスタマイズした専用ギヤードモーターを内蔵。「パラライザー」と「エリミネーター」モード間を自動で変形する機構を実現した。本体には、総数217個のフルカラーLEDも搭載。通常時・変形時・執行時のモードに合わせ、発光状態が変化する。

「ドミネーター」の先端には小型カメラを搭載し、「ドミネーター」を向けた相手の犯罪係数を測定し、結果を内蔵スピーカーから音声で読み上げる。無線LAN経由でiOS/Androidデバイスとも接続でき、カメラのストリーミング映像をスマートフォン画面に表示できるほか、トリガーを引くことで、犯罪係数を表示した状態のスマートフォン画面をキャプチャできる。犯罪係数の算出は、もちろん実際に測定するものではなく"お遊び"の機能だが、ランダムではなく、撮影した顔画像を分析し、独自のアルゴリズムで数値化している。

「ドミネーター」操作時に劇中で流れる、日郄のり子さんの音声も、100種類以上録り下ろしで収録。"グリップを握る""特定の人に向ける"といったシーンに応じて、内蔵スピーカーから再生される。音声は、接続したスマートフォンやタブレットからも再生でき、スマホやタブレットと接続できる外部スピーカーで音声を楽しむことも可能。「ドミネーター」用アプリでは、71種類の音声を手動で再生できる「サウンドテストモード」も用意する。

ラインナップは、通常版と上位モデル「SPECIAL EDTION」の2モデル。通常版では、グリップ部と公安局マークがABS樹脂製だが、上位モデルでは、本体のグリップ部分に、天然のローズウッド削り出し、オイル磨き仕上げ素材を使用。また、公安局マークでは、アルミ素材の削り出しによる台座に合成ルビーをあしらった。直販価格は、通常版が税別79,800円。上位モデルが税別89,800円。

「ドミネーター」を収納できる、IP67準拠の防水・耐荷重・耐衝撃性を備えたプロテクタケースと、専用バッテリをオプションで用意する。専用バッテリは標準で1個同梱されるが、通常使用で1時間半程度(規格値は90分:パラライザー時、30分:エリミネーター時)となるため、長時間の動作向けに別売でも提供する。直販価格は、プロテクタケースが税別12,800円、バッテリが税別1,580円。

なお、2月7日に幕張メッセで開催する「ワンダーフェスティバル 2016」のCerevoブース(3-07-02)で先行予約を受け付ける。ブースでは、本体の変形機構やアプリ連動を体験可能。ブースで予約した製品は、発売日以降に発送される。

●「本当に好きな人のために」
今回発売する「ドミネーター」製品版は、同社が2015年7月に開発を予告していたもの。Cerevo代表取締役CEOの岩佐琢磨氏によると、開発発表後、国内だけでなく、海外でも大きな反響があったという。「海外市場でいけそうだ」と考えた岩佐氏は、予告時から内部構造を刷新し、この半年強で発売にこぎつけた。

■関連記事
あの自動変形機構を再現! 「PSYCHO-PASS」の特殊拳銃「ドミネーター」をCerevoが1/1スケールで開発

開発にあたっては、今まで誰も作ったことがない機構を組み込むため、特に内蔵ギヤードモーター(ギヤを組み付けたモーター)の実装に苦労した。製品版では5,000回の動作テストをクリアしているが、開発初期の試作機では数十回の動作でモーターが壊れることもあったとする。この事情を知った日本電産が製品化に協力。「ドミネーター」のためにフルカスタムした専用ギヤードモーターが開発され、これが製品版の完成に大きく寄与したという。

総部品点数は、約1,400点。このうち、スプリングや基板といった機構部品は250点を超える。演出に欠かせないLEDは、色や輝度を調節し、217点を実装した。

製品コンセプトは、「本当に好きな人のために」。上位モデルの「SPECIAL EDTION」は、実銃のグリップ仕上げで使われる加工を施すなど、岩佐氏のこだわりで製品化した経緯がある。岩佐氏は「オタクの熱意は、作り手からユーザーにつながるだろう。『よくこんなところに技術を使ったな』と言ってもらえるよう、細かい部分もこだわって作った」と笑顔を見せた。

(村田奏子)