ホンダ、50ccスクーター「Dunk」のカラーバリエーションを変更し2月19日より発売

写真拡大

 ホンダは、水冷・4ストローク・OHC・単気筒エンジン「eSP(イーエスピー)」を搭載した50ccスクーター「Dunk(ダンク)」のカラーバリエーションを変更し、生産をこれまでのベトナムから日本の熊本製作所に移管して2月19日に発売する。

【ギャラリー】Honda Dunk (4枚)


Dunkのカラーリングは、市街地で映えるキャンディーブレイズオレンジをはじめとした新採用の3色と、継続採用の3色を合わせた全6色を設定。プレーンで無駄のない面で構成されたDunkの個性的なスタイリングをより際立たせる豊富なカラーバリエーションで、若者を中心とした幅広い層の好みに応えられるものとしている。
Dunkの年間販売計画は、6,000台。希望小売価格(消費税込み)は、214,920円。

■Dunkのカラーバリエーション
キャンディーブレイズオレンジ(新色)
アトモスフィアブルーメタリック(新色)
マットギャラクシーブラックメタリック(新色)※2
マットアーマードグリーンメタリック
ポセイドンブラックメタリック
パールジャスミンホワイト

■ホンダ 公式サイト