写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●法人需要がメインターゲット
VAIOは2月4日、東京都内で記者会見を開き、同社初となるWindows 10 Mobile搭載端末「VAIO Phone Biz」を発表した。製品投入時期は4月を予定しており、ビジネス需要を主なターゲットとする。一方で個人が購入可能な小売店での販売ルートを用意し、小売価格は5万円台を目指しているという。

VAIO Phone Bizはスマートフォンのカテゴリーに属する製品だが、ソニーからPCメーカーとして分社したVAIOがなぜこのタイミングで同市場に参入するのか。VAIO代表取締役の大田義実氏は「過去20年近くにわたってWindowsとともに歩み続けてきたVAIOが、PCメーカーとしてビジネスユーザーの生産性や創造性を高めることが可能な提案ができるのではないだろうか」とその理由を説明する。

○PC事業以外の柱を

長野県の安曇野を拠点にPCの製造拠点を構えるVAIOだが、従来のPC製造で培った技術だけでなく、ペットロボットのAIBO製造で培った技術も含め、PC以外の領域へ進出を進めている段階だという。そうした成果の数々がコミュニケーションロボットの「Palmi」やスマートバンドの「Moff Band」などで、これらに対して製造開発支援を行っている。

特に最近は「モノづくり」をキーワードにハードウェア系のスタートアップ企業が国内にも増えているが、マクニカの提供するスタートアップ支援プログラムにも参画しており、前述のPC以外の新規分野開拓を進めている。そのPCに次ぐVAIOの柱としてスタートしたのが「VAIO Phone Biz」のプロジェクトというわけだ。

問題は、なぜあえてこのタイミングでのスマートフォン参入で、それがWindows 10 Mobile搭載端末なのかという点だ。

同氏は「ビジネス需要が見込めることが大きかった」と説明している。Windowsはスマートフォン向けのプラットフォームとしてのシェアは世界的にもAndroidやiOSに大きく溝を空けられており、国内ではWindows Phone 8時代の空白を経て"ゼロ"の時代を過ごしてきた。一般ユーザーへの認知や需要という面では厳しいものの、Microsoftがスマートフォンへの国内再参入を宣言した際は「ビジネス面での引き合いが多く、潜在需要は高いと見ている」と米MicrosoftでOEMを担当するNick Parker氏がコメントしている。

●Windows 10 Mobileと企業システムの親和性
実際、Windows 10 Mobileは企業内で稼働しているシステムとの親和性やMDM連携によるセキュリティ管理など、エンタープライズでの需要を満たす要素を数多く内包しており、あえて後発でAndroidを大々的に担ぎ上げるよりも、新規一転、期待のプラットフォームに力を注ぐという選択肢は正しいように思える。

今回のVAIOの会見では、日本マイクロソフト代表執行役社長の平野拓也氏とNTTドコモ取締役常務執行役員 法人ビジネス本部長の高木一裕氏も壇上でスピーチを行い、Windows 10 MobileならびにVAIO Phone Bizがビジネスの世界でどのように役立つのかを説明した。

平野氏は「世界で2億台以上、法人では2200万台がすでに稼働中」と、Windows 10における定例の数字を提示しつつ、Windows 10 Mobileの特徴であり現時点で国内ではこの「VAIO Phone Biz」とトリニティの「NuAns NEO」のみが持つ「Continuum for Phones」の機能を紹介した。さらにSkype for Business、Office 365、Microsoft Azureといったクラウド連携やMicrosoft Intuneによるセキュリティ管理と、競合プラットフォームよりも既存の企業システムでの親和性をアピールした。

前述のように、VAIO Phone Bizは個人向けにVAIOオンラインストアでの直販やMVNO経由での提供、そして一部量販店での販売も行われるが、法人ルートではNTTドコモとダイワボウ情報システムがリセラーとして活動することになる。このうち、今回の会見でも登場したNTTドコモの高木氏は従来のWindows 8/8.1やWindows 10といったLTEモデム内蔵PCだけでなく、Windows 10 MobileとOffice 365が加わることで、より回線契約増や法人需要の開拓が期待できると述べている。

NTTドコモとしては、「ビジネスプラス」によるOffice 365再販に加え、今後デバイスを導入する企業ユーザー向けにIntuneのサービスを「ビジネスプラス」のメニューに加えていく意向だという。またVAIO Phone Bizはドコモの相互接続性試験(IOT)を通過しており、Premium 4GのサポートではWindows 10 Mobile初となる下り最大225Mbpsのキャリアアグリゲーション(CA)に対応する。既存のSIMロックフリー市場を主眼にしたWindows 10 Mobile端末にはない特徴であり、これがVAIO Phone Bizの強みの1つになっている。

●ターゲットは「VAIOファンとビジネスユーザー」
会見の最後にはVAIOで商品企画を担当する岩井剛氏が登場し、VAIO Phone Bizの機能的な特徴について説明を行った。ターゲットとしてはスマートフォンのPCの中間に当たるポジションを狙っており、これはミドルレンジでも上位版に当たるSnapdragon 617プロセッサの採用と、同プロセッサでサポートされる「Continuum for Phones」による部分が大きい。メモリも3GB搭載とこのクラスでは比較的潤沢な点も特徴だ。

ただし、Continuumは有線ではなく無線LAN(Miracast)経由という縛りがあり、手軽な反面、電波の混雑している場所など環境によっては動作が若干緩慢になるという難点がある。実際、Wi-Fi接続可能な機器が大量にある発表会場ではContinuumのデモが実行できなかった。このほか、NTTドコモの説明にもあった多くの周波数バンドへの対応、「安曇野FINISH」と呼ばれる海外生産を経て最終工程やチェックは日本国内で行う仕組みの採用など、機能面や品質面でも高い水準を保っていることが紹介された。

1年前までゼロだったものが、今では国内だけでOEMが8社と急速に立ち上がったWindows 10 Mobileの市場だが、盛り上がっているという印象がある反面、エントリー向けとミッドレンジ向けですでに飽和に近いという意見もある。NuAns NEOのようにデザイン性と大容量バッテリの2つの面で特徴を出しているデバイスもあるが、こうした中にあえて挑戦するVAIOは法人向けのメニューや販路を拡充し、自らのポジションを築こうとしている。当初のターゲットは「VAIOファンとビジネスユーザー」としているが、値段も競合との比較で最もハイエンドに位置する一方、それに相応しい出来になっていると言えるだろう。

(Junya Suzuki)