画像1

写真拡大


昔から人の記憶は不正確だと言われています。大体は都合が良い方向に無意識に修正されてしまいます。このため航空機などの「高価な道具」にはフライトレーコーダーやボイスレコーダーなどの「正確に」記録する装置が搭載されています。 
最近では廉価なものが登場し「ドライブレコーダー」としてクルマにも搭載されています。ドライブレコーダーは事故の時に正確な目撃者です。これらの装置を普段も使えたらより正確に生活が記録でき客観的に自分が振り替えられると思います。
大学の研究所や一部のマニアは「ライフログ」と言って大げさな装置を人に装着して記録するという試みも行っていますが、予算や見た目で普通の人はやりたくないと思います。

●クリップ式のボイスレコーダーでライフログの一歩を
スマホのアプリやICレコーダーをライフログ収集のために動かしっぱなしにするのは抵抗があります。今回筆者がサンプル提供受けました『HUV クリップ式ボイスレコーダー』を使えば音声だけですが生活の記録を残して、あとから振り返ることが出来ます。



ボイスレコーダーの本体です。見た目は生活量計とほとんど変わりません。

使い方は簡単で、電源を入れると録音が開始されます。内部のメモリにWAV形式の音声ファイルが記録されます。標準の形式なので、パソコンにコピーした後、波形編集ソフトで開くことが出来ます。 
静かなところで生活していれば、会話や行動した時だけ音声が記録されるので、あとから記録を振り返ることが容易です。ちょっとしたメモをつぶやくことで記録されるので後から振り返ることも簡単です。また、会話も記録できるので、内容を忘れたときに思い出すこともできます。


PCに接続するとWAV形式の音声として収録されています。


ライフログとして重要なのは時刻合わせです。Windowsなら内部の実行ファイルを開くだけで時刻が同期されます。

●就寝時に試してみました
実は、筆者はいびきがうるさいと良く言われます。このため、昨日はボイスレコーダーを胸につけて寝ました。結果ですが、酷いいびきでした。ボイスレコーダーを付けて生活することで自分でも把握できていない問題点や意外な行動を知ることが出来るのではと思います。


筆者の就寝時の波形です。休みなしに音が出ていることが分かります。いびきです。

HUV クリップ式ボイスレコーダー ビジネスICレコーダー 商品レビュー専門 YouTube
https://youtu.be/rcr478XTpbY

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 動画解放軍) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか