2月4日TOKYO DOME CITY HALLにて、極限の世界に挑む感動のスペクタクル超大作『エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)』の完成披露試写会が行われ、主演を務めた岡田准一さんはじめ、阿部寛さん、尾野真千子さんら総勢8名がずらり顔を揃えました。


『エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)』は、夢枕獏の世界的大ベストセラー「神々の山嶺」を実写映画化した作品。

標高 8,848メートル、氷点下 50度の極限の世界で、男たちが命を削ってエヴェレストに挑むその姿が描かれます。


(c)2016「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会

実際、本物のエヴェレストに登った岡田さん、阿部さん、尾野さんのお三方。

山中での危険を感じた瞬間について、岡田さんは「なんか弱っているところを見せられないというプレッシャーがあったんです。ドクターもいるので、よく血中酸素を測るんですけど、タフに見せるために、ズルをして呼吸をいっぱい吸って測りました(笑)。本当は苦しいのに苦しくないふりして」と事実を明かすと、阿部さんは「本当ですか」と驚いてみせました。


岡田さんは「岡田さん、タフですねと言われたくて……」とさらにカミングアウトを続けると、阿部さんまでも、まさかの返答。

「実は僕もやってました」と、阿部さんもかぶせてカミングアウトし、キャスト陣も爆笑です。


物語にかけて、「人生で挑戦したいこと」を聞かれた岡田さん。

勢いよく、「できればここの登壇している皆さんとエヴェレストに登りたいです。いかがですか?」と挑戦を口にすると、風間俊介さんが「今、(佐々木)蔵之介さんの目の伏せっぷりが半端なかった」と密告。

一方の阿部さんは同じ質問に対して、「1日でもいいから岡田准一になってみたいです。本当に強いんだよね。僕より15歳くらい下なんだけど、背中を見てておぶさりたいなって思った」と、岡田さんを大絶賛。


写真家を演じた岡田さんですが、撮影中に実際阿部さんのことをずっと撮っていたそうで、その腕や意気込みにも感心したとのことでした。

『エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)』は3月12日(土)全国ロードショーです。

【関連記事】

※ 9頭身美女・中条あやみの「私の心もとろける幸せの塊」とは?

※ 松田翔太&桐谷健太&菅田将暉が豆まきで大暴れ!掛け声は「鬼もうち〜」

※ 川口春奈と千葉雄大が結婚!? 純白のウエディングドレス姿を披露

※ 榮倉奈々「小さな積み重ねで体が反応する」美ボディの秘訣を明かす

※ 大沢たかお、おかずクラブにまさかのコメント!?「めちゃくちゃ可愛い」