FC東京入りを報告した室屋成、U-23戦士からの「Twitterリプライ」がおもしろい

写真拡大

先日行われたAFC U-23選手権で日本代表の右サイドバックを務め、大会MVP級の活躍を見せた室屋成。

招集された23選手のうち唯一の大学生であったが、新シーズンからFC東京でプレーすることをさきほど発表した。

そんな室屋には、ともに代表チームで戦ったU-23戦士たちからリプライが飛んでいる。

見てみよう。

今大会で室屋とともに最終ラインを組んだヴィッセル神戸DF岩波拓也。なかなか素敵なメッセージだ。

岩波と室屋は同じ1994年生まれであり、ともに関西出身。今大会の合宿でも南野拓実を加えた3人で記念写真を撮っており、仲が良いようだ。

室屋より一学年年下の小屋松知哉は、敬語で先輩にメッセージ。室屋も顔文字付きで、優しく返事を返している。

予備登録メンバー入りを果たしたものの、“ラスト2枠”での落選となった鎌田大地はちゃきちゃきの若者言葉で室屋に反応。

ちなみに鎌田は室屋より2つ年下。あれ…?


そんな平和なタイムラインに、強烈な一言を浴びせた選手がいた!

アビスパ福岡FW金森健志だ。

昨年末に沖縄で開催されたキャンプに参加しながらも、負傷のため離脱を余儀なくされていた金森。

室屋とは同じ1994年生まれで誕生日も一日しか違わない(室屋は4月4日生まれ、金森は4月5日生まれ)なのだが、唐突に「帰れ」というメッセージを送っている。これも金森の愛情?

金森のこのリプライに対して、室屋はこう“反撃”。どうやらこの2人はいつもこんな感じらしい。

ちなみに、U-23代表チームがカタールに到着してからも両者はTwitterでやり取りをしており、この時室屋は金森のことを「たけし」と呼んでいる。

で、この「帰れ」ツイートにさらに加わってきた選手もいて…

それがサンフレッチェ広島MF野津田岳人。

室屋はこういうキャラだったりする?