昔からひじきや切り干し大根は鉄分が豊富だと言われてきました。しかし、文部科学省がまとめた2015年度の日本食品標準成分表では、これらの鉄分が半分以下になってしまいました。その原因とは?

2010年度と比べると半分に激減……

日本食品標準成分表は、食品に含まれる栄養成分の基礎的データ集として昭和25年から定期的に改訂・公表されているもの。今回は5年ぶりに2015年版が公表されました。時代のニーズに合わせて、調理方法や食材も追加されています。しかし、ここには驚愕のデータが。植物性食品から摂れる非ヘム鉄の代名詞ともいえるひじきの鉄分が、100gあたり55mgから6.2mgに減少していたのです。切り干し大根の鉄分も、9.7mgから3.1mgに。これはいったいどうしたことなのでしょう?

調理器具でこんなに変化が!

しかしよく見てみると、同じひじきでも「ステンレス釜」と「鉄釜」に分かれています。そしてステンレス釜では6.2mgの鉄分が、鉄釜だと58.2mgに! なんと、調理器具によって鉄分がこんなにも変わってしまうんです。切り干し大根も、鉄製の包丁からステンレス製の包丁で調理されることを前提に鉄分が9.7mgから3.1mgに変更になったとのこと。調理方法ならばわかりますが、調理器具でこんなに変化するとは驚きですね。

鉄分は鉄製鍋で摂れることが判明

このことから鉄製鍋で調理すると鉄分を損なわず、むしろ増やしてくれるということがわかります。鉄のやかんでお湯やお茶を沸かして飲めば鉄分が摂れると聞いたことがありましたが、こういうことだったのですね。鉄製の調理器具は、サビがつきやすく重いため、使われにくくなってきました。しかし、手作りの製品も多く手入れさえすれば相当長く使うことができます。中華なべやフライパンなども、油がしっかり馴染めば焦げ付きもなく使いやすいそうですよ。

サプリメントを摂るのも良いですが、今年は調理器具を見直して、効率よく栄養素を補うという方法も検討してみてはいかがですか?


writer:しゃけごはん