3日、あるTwitterユーザーが、秋田書店の編集部による粋なはからいを振り返り、大きな話題を呼んでいる。

このユーザーは、トヨタ自動車の販売店と思われる場所を訪れた高校生が、スタッフから「高校生の君になんでカタログ渡さなければいけないの?」と非礼な対応を受けた騒動に触れ、自身が小学生だったときに体験したエピソードを回想した。


当時のユーザーは、出版社である秋田書店をてっきり本屋だと勘違いしていたそうで、同社発行の「チャンピオンコミックス」を購入するため、会社を訪れたという。

すると、ユーザーに対して、同社編集部はコミックスを販売してくれた上、たくさんのおまけまで付けてくれたそうだ。ユーザーは「あきらかに子どもなのに、大人がちゃんと応対してくれた」とコメントし、感謝の思いを明らかにしている。

このツイートは、5日14時の時点で7400件以上のリツイートと、4700件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で話題となっている。

なお、現在は出版社に勤めるユーザーは、秋田書店のスタッフとも親交が深いとのことである。
【関連記事】
「テニスの王子様」作者のファンに向けたサプライズがTwitterで話題に
夜行バス運転手の気の利いた心遣いにTwitterで反響「また会いたい」
出勤前の夫に「ログインボーナス」 妻の遊び心と優しさに感動