飲酒運転は立派な犯罪であり、法律違反となります。

テレビや新聞でもたびたび飲酒運転による交通事故が話題になりますが、飲酒運転の罰則ってどんなものか知っていますか?

今回は意外と知られていない、飲酒運転の罰則について紹介していきます。

■飲酒運転の種類は2種類

飲酒運転と一言に言っても、2つの種類に分けられます。「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」です。この2つの違いが意外と知られていないようです。

■酒酔い運転と酒気帯び運転について

酒酔い運転は飲んだお酒の量に関係なく、運転手の状態によって判断されます。

たとえ少量でも泥酔しており、運転が難しい状態であると判断されると「酒酔い運転」になります。「酒気帯び運転」は呼気1リットル中に0,15mg以上のアルコール濃度が含まれている状態のことを指します。

■罰則の違いについて

酒酔い運転は状態が悪いというののもあり、こちらのほうが罪は重いです。行政責任は違反点数は35点にもなり、当然免許は即取り消しされます。最低でも3年間は免許を取得できなくなり、それまでの起こした処分などによっては、最長で10年になることも。刑事責任は5年以下の懲役又は100万円以下の罰金です。

酒気帯び運転は2つのパターンがあります。0,15mg以上〜0,25mg未満の場合、行政責任は違反点数は13点になり、90日間の免許停止になります。刑事責任は3年以下の懲役又は50万円以下の罰金です。0,25mg以上の場合、行政処分は違反点数は25点になり、こちらの場合は2年間免許が取り消しされます。刑事責任は先ほど記述したのと同じです。

■飲酒運転+交通事故の罰則は重い

飲酒運転をした挙句に交通事故が発生してしまった。そんなニュースを時々見かけませんか?

この場合は、非常に罪が重くなります。当然、罰金だけではなく逮捕です。危険運転致死傷罪の罪になり、最長で懲役20年の刑となります。前科もつき、犯罪者扱いとなるため非常に重罪です。

■お酒を飲む場合は絶対にクルマに乗らないこと

飲酒運転は本当に悪質です。自分の人生が狂ってしまうだけではなく、場合によっては被害者が出てしまうことも。

被害者の人生を狂わせてしまうとなれば、双方が負う精神的な傷は相当なものですし、社会的地位も当然崩れます。それほどまでに恐ろしいのが飲酒運転です。お酒を飲む場合は、例え少量でも絶対にクルマに乗らないようにしましょう。

意外とどんな罰則か知られていないので、これを機に飲酒運転の恐ろしさを知れるかと思います。

(鈴木 唯)

酒酔い運転と酒気帯び運転の違いを知ってますか?(http://clicccar.com/2016/02/05/351371/)