4日、韓国国防省の当局者は北朝鮮が通告した長距離弾道ミサイルの発射準備の作業を進めているとの見方を示した。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年2月4日、AP通信によると、韓国国防省の当局者は北朝鮮が通告した長距離弾道ミサイルの発射準備の作業を進めているとの見方を示した。

北朝鮮は2日、国際機関に8日から25日の間に衛星を打ち上げる計画であると通告したが、事実上の長距離弾道ミサイル発射の通告とみられている。韓国国防省の当局者は4日、北朝鮮の北西部・東倉里(トンチャンリ)のミサイル発射場で、長距離弾道ミサイル発射の準備を進めている動きがあると述べた。また、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は同日、声明を発表し、北朝鮮に兵器計画を放棄させるためには、国連安保理による新たな制裁が必要であると主張した。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「北朝鮮が発射する物が何であろうと、撃墜すればいい。そうすれば北朝鮮はもう何もできないだろう」

「米国はミサイルが発射されたら即座に撃ち落とすべきだ」

「ペラペラと、誰もが警告を発しているだけだ。北朝鮮はカウントダウンを始めて、発射するだろう。そして韓国は北朝鮮に向けた宣伝放送でK−POPの音楽を流し、北朝鮮は韓国に宣伝ビラを撒くのだろう」

「いつもみんな、言葉だけだよ」

「もしトランプ氏が大統領だったなら、北朝鮮のミサイルは撃ち落とされ、中国には経済制裁が科されただろうに。オバマ政権によって、私たちはまた負けている」

「ドナルド・トランプ氏なら、この問題解決のために中国を動かすだろう」

「これは毎年のイベントになっているみたいだね」(翻訳・編集/蘆田)