U-23日本代表が、カタールのドーハで開催されたリオデジャネイロ五輪の出場権をかけたアジア最終予選で、6大会連続となる五輪出場を決めた。

 レギュレーションの変更でアジアの出場枠が前回大会の3.5枠から3枠に減ったこともあり、大会前は日本の戦いを不安視する向きが多かったが、蓋を開けてみれば見事に優勝。

 2014年のW杯ブラジル大会以降、日本サッカーを覆っていた沈滞ムードに風穴をあけてくれた。しかも、このリオ世代が、過去の世代別大会で苦汁を味あわされた相手を、ことごとく打ち破っていった今大会の展開は、まるでドラマを見ているかのようだった。

「出来すぎ」とも言える最高の結果を残したのは、もちろん選手たちの頑張りがあればこそだが、チームを率いた手倉森誠監督の手腕も大きかったといえる。

 手倉森監督は、JFAの公認S級ライセンスを取得したのが私と同じ2006年で、3カ月間の研修期間中、手倉森監督と彼の双子の弟・浩氏(現ナショナルトレセン東北地域チーフコーチ)と車で一緒に講習に通った仲でもある。

 その後、彼がベガルタ仙台の監督になってからも常にその指導を注視してきたが、監督としての彼をひと言で表すなら"勝負師"ということになるだろう。

 アジア最終予選での手倉森監督は、毎試合のように選手交代起用が的中した。なかでも韓国との決勝戦の後半は、手倉森監督の勝負師らしい肝の据わった戦いぶりだった。

 日本は前半20分に1点をリードされ、後半立ち上がりにも失点。こうした展開になると、韓国が試合終盤になると運動量が大きく落ちるというスカウティングデータがあったとしても、監督としては早めに1点を返して追い上げ態勢をつくりたくなり、交代枠を早めに使いたくなるところだ。

 だが、手倉森監督は動じなかった。まずピッチにいる選手たちを落ち着かせ、残り30分のところでようやく切り札の浅野拓磨をピッチに送り込んだ。その7分後に浅野のゴールで1点を返し、さらに1分後に矢島慎也が同点弾。そして、36分に再び浅野が決勝ゴールを決めた。

 監督が試合に向けて完璧な準備をして選手をピッチに送り出しても、ゲームが始まればプランどおりに運ばないのがサッカーというスポーツ。そうした時に、戦況に応じて決断し、次の手を打つのが監督の仕事なのだが、打つ手を逡巡して好機を逃したり、試合前のプランどおりにしか交代枠を使えなかったりする監督は少なくない。

 しかし、手倉森監督は戦況に応じて勝負の機微を読み取り、我慢したり素早く決断したりと、状況に合わせて判断を使い分けられるからこそ、今大会は交代出場した選手が良い働きをする好循環をつくりだせたのだと思う。

 ただし、どんなに効果的な手を打とうとも、選手は人間だから、機械と違って感情がある。選手が気分よくピッチに立てなければ、監督の狙いどおりには動いてくれないものだ。

 たとえば、浅野は所属のサンフレッチェ広島と同じく、今大会は途中交代で出場して試合を決める切り札、ジョーカーとして起用された。起用法は広島と同じだが、浅野にしてみたら、「同年代のチームなら、自分ほどJリーグで結果を残している選手はいないのだから、先発で試合に出たい」という欲があっても不思議ではない。

 しかし実際は、浅野は不満を持つことなく、今回のアジア最終予選でも途中出場の切り札というポジションを全力でやり遂げた。手倉森監督が選手一人ひとりにしっかり役割を伝えて、納得させることができていなければ、これほどの結果が生まれることはなかったはずだ。手倉森監督は、選手たちの気持ちをうまく引き寄せることができていたといえる。

 試合後の手倉森監督のインタビューを思い出してもらいたい。彼は質問を聴き終えると、喋り出すまでに一拍置くことが多い。彼は普段から"間"をあける話し方をするのだが、これは相手を自分の方へ前のめりにさせ、言葉により重みを持たせることができる対話のテクニックのひとつだ。

 このことを彼が意識して実践しているのかどうかはわからないが、独特の"間"が選手とのコミュニケーションでうまく作用しているはずだ。また、わかりやすく強い言葉を使うのも彼の特徴で、選手との相互理解を助けているのだろう。

 そして、出身地である青森の方言のイントネーションが残る語り口、監督だからと偉ぶらずに、選手と対等に接する姿勢があったからこそ、選手との間に壁ができずにチーム一丸の雰囲気をつくりだせたのだと思う。

 チームづくりの手腕は、早い段階から割り切ったのが好結果につながった。今回の最終予選がホーム&アウェーではなく、カタールでの集中開催となった時点で、チームに軸をつくらずに全員で戦う姿勢を打ち出した。

 ホーム&アウェーならば、ある程度時間をかけての戦いになるため、軸となる選手を中心にしてチームの地力を100、120、150と伸ばしていくことができる。しかし、集中開催の場合、今回のように中2日で試合に臨むこともある。そのため、軸を作ってチームの地力を上げることよりもコンディショニングを優先した。

 地力が90あるとしたら、どの選手が出場しても100%の力が出せて、チームが持つ力をフルに発揮できるチームづくりに徹した。実際、今回出場した4グループ全16チームの中で、日本はもっとも良いコンディションを保つことができていた。つまり、地力が100以上あるライバルが連戦の疲労でチーム力を80、70と落としていくなかで、90の力を十全に発揮し続けた日本が優勝したといえる。

 また、GKを含めたDFラインの選手を試合ごとに代えていたが、これは、結果が出ていなければ無謀との誹(そし)りを受けてもおかしくなかった。多くの監督ができる決断ではないが、その決断を下せたのも、やはり手倉森監督が勝負師だからだろう。

 ただし、リオ五輪では対戦相手のレベルも上がるため、これからチームの地力をさらに高めなくてはならない。そのため、今後はチームの軸をつくって戦うことも考えているはずだ。

 ドーハから帰国した手倉森監督は、優勝の余韻に浸る間もなく、リオ五輪に向けて選手をチェックするために、早速Jリーグ各クラブのキャンプ地を巡っている。

 国際大会の経験が乏しいリオ世代に、五輪の舞台で1試合でも多く国際経験を積ませるために、手倉森監督がどういった決断をするのか。オーバーエイジ枠を使うかどうかも含め、今後も手倉森監督の動向に注目していきたい。

福田正博●解説 analysis by Fukuda Masahiro