4日、AFP通信は日本メディアの報道を引用し、日本で詐欺容疑で逮捕された朝鮮大学校の元幹部が、北朝鮮による対韓国の工作活動に関与していたことが分かったと報じた。資料写真。

写真拡大

2016年2月4日、AFP通信は日本メディアの報道を引用し、日本で詐欺容疑で逮捕された朝鮮大学校の元幹部が、北朝鮮による対韓国の工作活動に関与していたことが分かったと報じた。

警視庁公安部は2日、朝鮮大学校の元幹部の朴在勲容疑者を不正に入手したクレジットカードで商品を購入していた容疑で逮捕した。公安部の調べによると、朴容疑者は北朝鮮の対外情報機関「225局」から指示を受け、韓国での政治工作に関与していたことが分かった。朴容疑者は2000年ごろから工作活動に従事していたとみられている。

この報道に、海外のネットユーザーからは、「これが中国で起きていたら、人権侵害とみなされるだろう」「処刑すべきだ」「よく逮捕したね。日本よ、安全な国であってくれ」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/蘆田)