いまや生産台数の94%が四輪駆動車という富士重工業のスバル・ブランド。その生産母数にはBRZなどのFRも含まれていることを考えると、4ドア以上の乗用車、SUVの99%が四輪駆動といえるほどのようです。

すなわち、乗用系、SUV問わずに四輪駆動〜スバル風に表現すれば『シンメトリカルAWD』〜であることが、同社のアイデンティティであり、技術的な特徴というわけです。

そんなスバルのオールラインナップAWDを雪上でイッキ乗りする機会に恵まれました。

スバルのシンメトリカルAWDには4種類の方式があります。今回、試乗できたのは次の3方式でした。

ひとつは、油圧多板クラッチを使い、前後トルク配分60:40を基本としている「アクティブトルクスプリット」タイプ。

そして、ハイパワーターボ車に採用されているプラネタリーギアをセンターデフに用いて前後トルク配分を45:55として、電子制御LSDを組みわせた「VTD-AWD」。

実質的にWRX STI専用といえる、プラネタリーギアのセンターデフと電磁式LSDを使い、前後トルク配分41:59とした「DCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)」となります。

日常的には雪道を走らない自分にとって、雪上のクローズドコースで3つの方式を試した際に、もっとも乗りやすく感じたのはFF的な乗り味を基本に、後輪による安定性やヨーコントロールをアシストする印象の「アクティブトルクスプリット」タイプでした。

久しぶりの雪道での公道試乗においてチョイスしたのは、その「アクティブトルクスプリット」AWDシステムを積む、2.5リッターエンジンのエクシーガ・クロスオーバー7です。

現在のスバル・ラインナップにおいて唯一の3列シートのSUVは、またメカニズム的にも5速ATを搭載するなど古参といえますが、このクルマが、シンメトリカルAWDの基本性能を感じさせてくれるであろうと考えてのチョイスでもあります。とはいえ、AWD制御は最新世代で、車両情報を制御に組み込むタイプが搭載されています。

【訂正】
初出時、5速ATと記しておりますが、正しくは「リニアトロニック(CVT)」となります。今後、このような間違いがないよう、十分に配慮いたします。

subaru_snow_img4

試乗した千歳の市街地は舗装が見える程度の積雪量でしたが、通行量が少ないのか、路肩に近づくほど路面は白く、つまりスレ違いなどでは片側のタイヤが舗装、もう片方が雪の上という状況です。

不慣れなクルマで、久しぶりの雪道となれば緊張するシチュエーションで、最初は様子見で走りますが、左右で異なる路面であっても思っているほど直進性に悪影響は感じません。

フルブレーキングではABSが作動しつづけるようなキャンプ場の連絡道路でも、しっかりと走り、また曲がることができるのは、前後トルク配分を細かく制御しているおかげでしょうか。タイヤにブリヂストンの発泡ゴム・スタッドレス「ブリザック」を履いていたのも安心感を生んでいたのでしょう。

さて、徐々に慣れて来た頃、道を間違えていることに気付きました。

慌てて事故を起こしてしまっては元も子もありませんが、それでも許される範囲で急いで走らざるを得ない状況。そうしてアクセルを踏んでいくと、駆動力によってクルマを安定させるというスバルAWD制御思想の一端を感じることができたのです。

さらにクローズドコースではスバルのVDC(車両安定化装置)がナチュラルにドライバーをサポートしていることも体験。わざとVDCを作動させるようなシーンはまだしも、日常的にはインジケーターを見ていなければVDCなのか、シャシー性能なのか、それともドライバーの腕(←それはない・笑)なのかわからないほど安定して走ることができます。

しいて言えば、安心感が高過ぎて、スリッピーな路面ということを忘れてしまいそうになるのが心配な点。

クルマが安定しているゆえに、ドライバーの自制心こそが安全を生み出すための重要なファクターだと、あらためて感じさせてくれた、雪道でも頼もしい7シーター「エクシーガ・クロスオーバー7」なのでした。

subaru_snow_img4crossover7_snow1crosover7

(撮影・文 山本晋也)

7人乗りにも最新のAWDを採用。スバルの四駆は雪道で頼りになり過ぎる!(http://clicccar.com/2016/02/05/352633/)