最大4.9mまで調整可能な「AVALANCHE(アバランチ)」。屋根に登ることなく階下からの雪下ろしが可能だ(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 若翔は、屋根に登らなくても除雪作業を行える雪かき「AVALANCHE(アバランチ)」を5日から発売開始した。

 アバランチはアメリカの寒冷地域であるミネソタ州で開発された雪かきで、すでに北欧やカナダなどの豪雪地域でも販売されている。

 通常、屋根に積もった雪を除雪するためには屋根の上で作業する必要があるが、アバランチは組み立て式で最大4.9mまで調整可能なハンドル部分と、7.6cmの小径車輪が取り付けられた先端のプラスチックスライドにより、階下から効率的な雪かきを行うことを可能としている。

 使い方としては、屋根の下側から上側に向けて同製品を動かすだけ。製品動画を見る限り、多少の力は必要となりそうだが、屋根に登るというリスクを負わずに雪下ろしができるのは魅力だ。

 対応する屋根は、タイル(瓦)、太陽光パネル、アスファルトシングルなど。同社直販サイトでの価格は、税込29,800円となっている。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI