<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 初日◇4日◇TPCスコッツデール(7,266ヤード・パー71)>
 米国男子ツアー「ウェイストマネジメント・フェニックスオープン」がアリゾナ州にあるTPCスコッツデールを舞台に開幕。昨年2位の松山英樹がハーフターンを迎え、5バーディ・1ボギーの4アンダーと好スタートを切った。
 INから出た松山は11番でバーディを先行させると13番でもスコアを伸ばす。次の14番でボギーを叩いたが15番、16番と連続バーディを奪うと、332ヤードの17番パー4では1オンに成功。しっかりと2パットで沈め3連続バーディ。現時点で首位と2打差の4位タイにつけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】
XRが“翼”を手に入れた!ボーイング社と共同開発の『XR 16 シリーズ』が登場