英国政府による「ゲームファンド」、最初の受賞企業24社

写真拡大

英国政府が支援して開始された「UK Games Fund」(英国ゲームファンド)の最初の受賞グループ24社が発表された。

「英国政府による「ゲームファンド」、最初の受賞企業24社」の写真・リンク付きの記事はこちら

英国政府が支援して開始された「UK Games Fund」(英国ゲームファンド)の最初の受賞企業が発表された。英国全域のゲーム開発スタジオ24社が、事業のための資金を得ることになる。

2015年10月に発表されたこのファンドは、特に小規模なゲーム開発スタジオを対象とするもので、プロトタイプのさらなる開発、およびゲーム分野での新たな才能の育成のために賞金を授与する。

「英国は、世界で最も成功したヴィデオゲームをいくつか生み出しています。この資金による支援が、これらのゲーム企業が事業を拡大したり、今後のヒット作を作るのに役立つでしょう」と、文化・デジタル経済担当閣外相のエド・ヴェイジーは声明の中で述べている。

1回目の資金提供を受けるゲーム開発企業スタジオの多くは、低予算のインディーズ・ゲームから事業を開始するか、あるいはモバイルゲーミングを通じて成功した企業だ。

具体的には、「Velocity 2X」を開発したFuturlab社、「OlliOlli」や「Not A Hero」を開発したRoll7社、「Tango Fiesta」を開発したSpilt Milk Studio社、「Ether One」を開発したWhite Paper Games社などが含まれている。

UK Games Fundは2019年まで実施される予定だ。最高2万5,000ポンド(約430万円)を授与する2回目の資金提供への申請は、4月18日の正午まで受け付けている。英国政府は2014年10月、映画やゲームなどのクリエイティヴ産業の人材育成を目的として、総額11億円を超える規模の投資を行う(日本語版記事)と発表している。

TAG

GameUKGamesFundWIRED UK