4日、中国メディア・新浪は、春節(旧正月)の帰省で故郷に錦を飾ろうとイタリアの高級スポーツカー「ランボルギーニ」を購入した男性が、人里離れた山中で窮地に陥ったと伝えた。資料写真。

写真拡大

2016年2月4日、中国メディア・新浪は、春節(旧正月)の帰省で故郷に錦を飾ろうとイタリアの高級スポーツカー「ランボルギーニ」を購入した男性が、人里離れた山中で窮地に陥ったと伝えた。

重慶市で会社を経営するこの男性は、帰省を前にランボルギーニを新車で購入。ガソリンも満タンにし、実家のある湖北省へと愛車を走らせた。ところが高速道路の山間部を走行中にエンジンに異常を感じたため路肩に停車。だが愛車はエンストでウンともスンとも言わなくなってしまい、高速道路の管理センターに救援を求めるほかに手立てはなかったという。

この報道について、中国のネット上には「わざわざ報道する価値なし。国産車なら取り上げてもらえないレベル」「春節休暇前でメディアもネタ切れか」「大破したり火を噴いたりしなくてもメディアは取り上げてくれるのね」「高速道路での故障なのに『人里離れた山中』は盛り過ぎ」「自転車で帰省途中にチェーンが切れた私のことも、ヘッドライン扱いしてくれよ」などと大ブーイングだ。(翻訳・編集/柳川)