3日、江蘇省南京市の地下通路内に登場したバラの花の「自動販売機」が注目を集めている。

写真拡大

2016年2月3日、中国新聞網によると、江蘇省南京市の地下通路内に登場したバラの花の「自動販売機」が注目を集めている。

【その他の写真】

この自動販売機は南京新街口地下通路内に設置されたもので、ケースの中にはバラの花と男女のモデルが入っている。利用者が料金ボックスにお金を入れると、ケースの小窓からモデルが手渡しでバラの花を渡してくれる。バラは1本5元(約90円)だ。果たしてこれが「自動販売機」なのかは疑問が残るところだが、実はこれは某基金が企画したもので、売り上げは知的障害を持つ子どもの支援に使われるという。

ネットユーザーからは「おもしろい発想だな」「こういう活動にはもろ手を挙げて賛成する」と称賛する声がある一方で、「お金が最後にどこに行きつくかは誰にもわからない」と慈善事業に乗じた詐欺に警戒を示す声もみられた。(翻訳・編集/北田)