4日、中国・北京市で先月、絶滅危惧種のコマホオジロが70余年ぶりに確認された。

写真拡大

2016年2月4日、中国・北京市で先月、絶滅危惧種のコマホオジロが70余年ぶりに確認された。京華時報が伝えた。

北京大学の野鳥観察ボランティアらが先月9日、市内北東部の密雲ダム周辺で1羽を確認した。同11日から27日には、多い日で9羽が確認された。ダム周辺には15羽ほどが生息しているとみられる。市内で確認されたのは1941年の頤和園以来だ。

コマホオジロはかつて、ロシア、北朝鮮、モンゴル、中国の東北地方や華北地方などに生息していたが、現在は中国東北地方でのみ確認されている。生息数は1000羽に満たないという。(翻訳・編集/柳川)