意気込みを語るキャプテンFP滝田学「W杯出場権の獲得と3連覇は絶対に成し遂げたい」《フットサル日本代表千葉合宿》

写真拡大

▽フットサル日本代表は4日、AFCフットサル選手権に向けた千葉合宿を切り上げた。

▽トレーニング後に、FP滝田学(ペスカドーラ町田)がインタビューに応じ、大会への意気込みを語った。

◆FP滝田学(ペスカドーラ町田)

──今日で国内合宿を切り上げたがここまでの仕上がりは

「追い込むところは追い込み、上げるところは上げる。それでも休む時間も取りながら、充実して臨めた合宿でした。コンディション良くできましたね。現段階では疲労もありますが、向こうで練習試合などしながら調整できるので、今回の合宿に関してはとても充実していました」

──外から見てみてもチームの雰囲気の良さを感じるが

「ミゲル監督になってから過去のチームでもずっと雰囲気は良いです。それが監督の作り上げているグループの特徴の1つです。木暮さん(現:シュライカー大阪監督)がキャプテンをやっている時から雰囲気は良かったです。そういう引き継ぐべきものは引き継げていると思っているので、自信を持ってやれています」

──明日からウズベキスタンに入るが、向こうでの予定は

「トレーニングを落とすことはせずに、強度の部分でさらに上げるところは上げていきます。コンディション面はチームに任せてやるだけです」

──大会3連覇やワールドカップ出場権獲得に向けて、初戦のカタール戦が重要になると思うが

「1試合目から強敵なので、大変な試合になるのは間違いないです。ただ、このグループで1試合ずつ大切に戦いながらさらに良いチームになっていけば、自ずと出場権と3連覇は見えてくると思っています。1試合目だけでなく、すべての試合を大事に戦っていきたいと思います」

──合宿を終えて、改めて大会に向けた意気込みを

「ワールドカップの出場権は日本にとってノルマです。プラスして、1選手としても、選手キャリアとしても、3連覇に挑戦できるのは限られた人だけです。ここにいる14名で成し遂げられるチャンスです」

「当然、ここまで戦ってきた大きなグループとしても積み上げてきたものがあります。普段はそういうことをあまり言わないタイプですが、ここに来られなかった仲間の分もという思いがあります。ワールドカップ出場権と3連覇は絶対に成し遂げたいです」