故宮博物院、あすからバチカン展  台湾初公開の文化財60点を展示

写真拡大

(台北 4日 中央社)ローマ法王庁(バチカン)所蔵の文化財60点を展示する「天国の宝物−ローマ法王庁所蔵文物特別展」が5日から、国立故宮博物院(台北市)で開催される。これらの文化財が台湾で公開されるのは初めて。

バチカンは欧州で中華民国(台湾)と外交関係を持つ唯一の国で、1942年の国交樹立から長年にわたって交流を行っており、今回、故宮とローマ法王庁駐華大使館が協力したことで特別展が実現した。

展示される祭服や聖器は、儀式で使用される場合を除き、教皇儀典室で保管されており、一般公開はほとんどされていないという。

(鄭景ブン/編集:杉野浩司)