4日、韓国政府は北朝鮮が発射を予告している長距離弾道ミサイルが韓国の領海や領土に落下する場合は迎撃すると明らかにした。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年2月4日、韓国・ニューシスによると、韓国政府は同日、「北朝鮮が発射を予告している長距離弾道ミサイルが韓国の領海や領土に落下する場合、これを迎撃する」と明らかにした。

韓国国防部の文尚均(ムン・サンギュン)報道官は同日の定例会見で、「北朝鮮のミサイルまたはその一部が韓国の領土や領海に落下する場合に備えて防空作戦態勢を強化しており、落下地点や被害の程度により自衛権行使の意味で相応の措置を取る」と述べた。また、「韓国軍は関係機関と緊密に連携し、迅速な警報の伝達など、国民の安全を守るために万全を期している」と強調した。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「まずは韓国軍内の不正を迎撃しよう」

「飛んできたミサイルを迎撃する技術を有しているのか疑問だ」

「口だけではなく、本当に強硬な対応を取ってほしい」

「迎撃できるほどの武器が韓国軍にあるのだろうか?」

「ほとんどミサイルを撃ったことがない韓国軍が、どうやって飛んできたミサイルに命中させる?」

「対北拡声器のボリュームを最大にし、音波攻撃でミサイルを迎撃するつもりでは?」

「日本が迎撃すると言ったから、慌ててまねする韓国政府(笑)。情けなくて涙が出る」(翻訳・編集/堂本)