AIをめぐる知の行方──AIの父、マーヴィン・ミンスキー追悼:武邑光裕

写真拡大

1月に亡くなった人工知能(AI)研究者、マーヴィン・ミンスキー。シンギュラリティを前にした人類は、彼の足跡をどう継承すべきか。インターネットの黎明期からデジタル社会の変容を研究してきたメディア美学者・武邑光裕からの追悼文。

「AIをめぐる知の行方──AIの父、マーヴィン・ミンスキー追悼:武邑光裕」の写真・リンク付きの記事はこちら

26年前のアルス・エレクトロニカ

人工知能(AI)のパイオニアとして知られるマーヴィン・ミンスキー(マサチューセッツ工科大名誉教授)が2016年1月24日、脳出血のため亡くなった。88才だった。この訃報を知ったのは、EFF(電子フロンティア財団)の共同創設者であるジョン・ペリー・バーロウのTwitterの投稿だった。タグ付けされていた26年前のミンスキーの思い出が蘇ってきた。

1990年、オーストリアのリンツで開催された「アルス・エレクトロニカ」のテーマは“Digital Dreams-Virtual Worlds”。VR(ヴァーチュアル・リアリティ)に焦点をあてた欧州初のシンポジウムが開催された。会議のオープニングパーティで、ぼくははじめてミンスキーと対面した。ちょうどこの時期は、相次ぐ大型資金の打ち切りでAI研究は冬の時代だったが、ミンスキーにとってVRは特別な関心事だったのだと思う。彼と話した時間は限られていたが、親日家でとても包容力のある人だった。

リンツでミンスキーと出会うとは思いも寄らないことだったが、この年の「アルス・エレクトロニカ」には、ミンスキーのほか、当時世界中を興奮させたVRの伝道者ジャロン・ラニアー、そしてドラッグ文化からコンピューター文化の偶像に変身していたティモシー・リアリー、EFFのジョン・バーロウ、サイバーパンク作家のウィリアム・ギブソンとブルース・スターリング、『劇場としてのコンピュータ』を著したブレンダ・ローレル、サバイバル・リサーチ・ラボのマーク・ポーリン、そして、テクノシャーマンとして知られたテレンス・マッケンナも参加していた。

1990年のアルス・エレクトロニカの様子。

VRエヴリウェア

これだけのメンバーをオーストリアのリンツに呼び寄せたのは、ひとえにモーガン・ラッセルの功績だった。ラッセルは1980年代後半、サンフランシスコで雑誌『ハイフロンティア』や『リアリティ・ハッカー』のライター、のちに『モンド2000』の編集者を経て、88年からアムステルダム、ブダペスト、そしてウィーンへと渡る。ウィーンに拠点を定めた彼は、メディアアートの祭典として知られる「アルス・エレクトロニカ」のアドヴァイザーとして、90年の招聘メンバーすべての人選に関わった。のちのデジタル世界にそれぞれ大きな影響を与えるメンバーがオーストリアに集合し、サイバースペースやヴァーチュアル世界をテーマとした会合が開催されたことは、いま思い起こしても重要なイヴェントだった。

AIの父と呼ばれるミンスキーがなぜVRのシンポジウムに招かれたのか? ミンスキーは、63年にヘッドマウント・ディスプレイの原型を開発し、のちにVRと呼ばれるテレプレゼンスの分野においてもパイオニアであった。この研究開発はのちにコンピューターグラフィックス技術の革新を主導し、ミンスキーが博士論文の指導をしたアイヴァン・サザーランドに引き継がれ、その後、NASAのエイムズ研究所のスコット・フィッシャーに受け継がれた。ジャロン・ラニアーは、ラッセルの呼びかけに応じ、ミンスキーとの出会いを強く求めていた。アメリカでは実現できなかった2人の出会いも、オーストリアで叶うことになった。

リアリーとミンスキー

AIとVRにどのような接点があるのかは、当時の聴衆にとっても関心事だった。さらにティモシー・リアリーとミンスキーがどう向かい合うのか? バーロウのミンスキー追悼の一文が、この時のミンスキーとリアリーの状況を伝えている。2人の間にどんな確執があろうとも、この2人を実際に引き合わせることで、何らかの展開を期待していたのはラッセルだった。しかし、ミンスキーとリアリーに、皆が期待した変化は起きなかった。

ミンスキーは常に人間と機械(AI)は対等で交換可能であると主張してきたし、将来的にはAIが人間の知性をはるかに上回るとも予見していた。2003年のTEDの講演では、人間と地球のエコシステムを維持するためには、人間それ自体をさまざまな手段で改造し、死を克服する延命や肉体の呪縛から離れ、デジタルな心の存在として生き続ける「意識のアップロード」の可能性までを示唆していた。かつてリアリーが提唱した「宇宙移民(Space Migration)+増強した知能(Increased Intelligence)+生命延長(Life Extension)=宇宙への人間知性の拡張」というファンタジーとは異なり、ミンスキーの言説にはいつも確信めいたリアリティを感じた。

AIの解体新書:「心の社会」

ミンスキーの主著『心の社会』(1986、リンク先は90年刊行の邦訳本)に登場するのは、相互作用するエージェントという概念である。自分とはひとつではなく、自分の心は無数にあるということを、ミンスキーは、心を小さな部品の集積(モジュール)であると説明しながら、1つひとつの部品を「エージェント」と名づけた。人のさまざまな行為には、階層構造をなした多くのエージェントが関わっていて、これらのエージェントは人間社会のようにインタラクション(相互作用)で成り立っている。

例えば、絵がうまく描けなければ、絵を破り捨ててしまうという別の行為(描いた絵を壊す)が起こる。絵を描くエージェントが絵を壊すエージェントと主導権を競うのだ。心とは、最初に決定づけられているものではなく、ある出来事が「つくられてから知ること」の連続であることを、ミンスキーは示した。そして、心とは、「1つひとつは心をもたない小さなエージェントが集まってできた社会」であると結論づけたのである。これは、デカルト以来、ひとつの自己や人格という大きな物語に支配されてきた我々を、簡潔な「ナラティヴ」に解体した革命だった。

ミンスキーの「心の社会」論は、AI研究を飛躍的に進化させたし、コミュニケーションというのは、他者を想像し想定する力の集合(社会)であるという観点は、AIの推論モデルやソーシャルメディアの本質的な可能性にも道を開いた。つまりAIとは、自分の心の中に「人間の心が織りなす社会」を移住させることを意味しているのだろう。だからAIは、人間の心やソーシャル(社交)を内在する機械であり、あらゆる人間(他者)を想像しながら対話する存在だということである。「心の社会」は人間の心に迫っただけでなく、AIの解体新書でもある。

ポスト・ヒューマンとチーム・ヒューマン

ミンスキーとリアリーは、社交辞令以上に互いに踏み込むことはなかった。彼らに大きな違いがあるとすれば、ある意味でミンスキーが常に批判してきた倫理的思考の偏狭性なのかもしれない。とすれば、実にアイロニカルである。リアリーはLSD実験でハーヴァードを去り、投獄・脱走体験をもつアウトサイダーだが、実は60年代以降の「ラブ&ピース」を抱えもった典型的なヒューマニストの一面をもち、ロボットやAIは、人間を貶める存在だと主張していた。これに対しミンスキーは、シンギュラリティを見定めたポスト・ヒューマニスト(トランス・ヒューマニスト)だったのだ。

一方、ジャロン・ラニアーは、この20年間でリアリーの反ミンスキー以上に、ミンスキーを批判的にとらえていた。1980年代後半に、ラニアーとミンスキーはVRの世界観を共有し、互いに多くの語り合う師弟関係でもあった。しかし、ラニアーは90年代後半から、デジタル社会の行末に警鐘を鳴らし始め、昨年12月には、アストラ・テイラーやダグラス・ラシュコフらと共にロボットやAI、アルゴリズムが専制支配する状況から人間を復興させる「チーム・ヒューマン」をスローガンに「デジタル反対者」同盟を発足した。ラニアーはその代表として、現代のAIやシンギュラリティ神話を辛辣に批判する主要な論客となっている。『Edge』に掲載されたミンスキー追悼特集のなかに、ラニアーが書いたミンスキーへの別れの一文がある。

「なぜマーヴィンはこれほどまでにわたしに寛大だったのか? わたしは彼に悲しみを与えた。わたしは、至る所で彼と意見が合わなかった。公式には、わたしは彼の学生ではなかったが、彼はわたしの助言者となってわたしを奮起させ、わたしを助けることに重大な時間を費やした。彼の優しさ総体は、優しさの特異性だった」

ミンスキーを超えて:カーツワイルとラニアー

1990年当時は、まだインターネットがメインストリームであったわけではないし、AIやロボットが現在のように「実質的な現実」となっていたとは言い難い。当然、シンギュラリティの議論もなかった。VRは、人がコンピューター画像で構成された3次元空間に擬似参入できるという「非公認の現実」(VRは、サンフランシスコでは、サイケデリックな文化ジョークだった)が、まさに始まった時代だった。

現在グーグルでAI研究者として活躍するレイ・カーツワイルは1月26日、米ラジオ局のインタヴューに答えて、故ミンスキーが残した業績を語っている。

いまから20年前、ティモシー・リアリーがこの世を去った96年は、IBMのコンピューター「ディープ・ブルー」がガルリ・カスパロフにチェスで初勝利した年だった。ミンスキーが当然予測したコンピューターの勝利である。ミンスキーこそ、自分の人生でただ1人のメンター(師)だと表明しているレイ・カーツワイルは、90年に『The Age of Intelligent Machines』を著し、インターネットの普及、チェスの試合でコンピューターが人間に勝利する予測を、少しの時間的誤差で的中させていた。現在、カーツワイルがミンスキーの後継者のひとりとして、グーグルのAI研究開発の総指揮を執っている。

ミンスキーは、20世紀の偉大な科学者であると同時に、優れた教育者であったと思う。心の多様性(社会)を認識し、膨大な学生たちを指導した。それを支えたのは、彼の懐の深い並外れた寛容性だろう。ラニア―とカーツワイルという大きな対立を含む真逆な弟子たちが、ミンスキーをいかに乗り越えていくのか。ミンスキーから託された知のリレーは、21世紀前半期のシンギュラリティと直面している。

武邑光裕|MITSUHIRO TAKEMURA
メディア美学者。Avec Lab. Berlinディレクター。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。1980年代よりメディア論を講じ、VRからインターネットの黎明期、現代のソーシャルメディアからAIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。2013年より武邑塾を主宰。著書『記憶のゆくたてーデジタル・アーカイブの文化経済』〈東京大学出版会〉で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。現在ベルリン在住。

TAG

AIContributionMarvin MinskyMitsuhiro TakemuraRIPWIRED JAPAN