子供の斜視 を早期発見するには?

写真拡大

子供の斜視 を早期発見するにはどうしたら良いのでしょうか。

赤ちゃんから幼児へと成長する過程で、子供にはさまざまな変化が現れます。変化の中には疾病も含まれており、早期発見により治療できるものもあります。

今回は、幼少期にしばしま見られる「斜視」の原因と症状について紹介しましょう。

子供の斜視 の症状とは


私たちの左右の目は連動しており、通常は同じ方向を向くようにできているのですが、左右の目の向きにズレがあるものを斜視と呼びます。

片方の目は正面を見ているのにもう片方の目は中心より内側に向いている状態を「内斜視」、外側を向いている状態を「外斜視」、上を向いている「上斜視」、下を向いている「下斜視」と呼びます。

いずれも、常時斜視の状態が続く「恒常性斜視」と、時々斜視になる「間歇性斜視」(かんけつせいしゃし)があります。
また、生まれてすぐ斜視の状態になる子供もいれば、成長する過程で斜視になる場合もあります。

斜視があると左右の目の焦点がうまく合わないため、ものが2つに見える、ぼやけて見えるなどの症状が起こります。
子供はこうした状態に合わせて無意識のうちに斜視側の目を使わずに見てしまうため、斜視側の目の視力が成長せず弱視になる、さらに斜視が進行するといった状況に陥る可能性があります。

さらに、左右の目の見え方の差(視差)を利用した立体視の感覚がつかめないという問題が生じることもあるのです。

子供自身はいま見えている世界がすべてであるため、自らが斜視であると感じることはありません。
本人は普通にものを見ているつもりであることが多いのです。

特に、本やテレビを見たといった作業に集中する際はで目を凝らして見るため、普段はわかりにくかった斜視が顕在化することもあります。

斜視の原因


斜視は遺伝によるものという考えもありますが、正確な原因はよくわかっていません。斜視には次のような要因が関係していると考えられています。

目を動かす筋肉や神経の病気によるもの

遠視によるもの

目の病気によるもの

視力不良によるもの


多くの場合、目を動かす筋肉や神経のバランスが異なることによって、眼球が正常に動かずに目の位置がずれて斜視になります。

健康診断で早期発見ができる可能性もある


斜視は子供の約2%に見られると言われています。
見た目で判断できるので、毎日の子供の成長を観察することで早期発見が可能です。

また、平成2年の秋からは3歳児健康診断(地域により4歳児健康診断)に視力検査が加わったため、健康診断で明らかになることもあります。

斜視は見た目の問題だけでなく、上で述べたような立体視ができない、弱視になるといった問題に関係してきます。
正面を見たときの子供の片方の目が寄っている、あるいは離れているように感じたのであれば、早めに眼科に相談するといいでしょう。

執筆:Mocosuku編集部