華やかで高級感のあるパッケージにも注目!「ラベンダー&ブルーベリー」(写真左・希望小売価格294円)と「ローズヒップ&ラズベリー」(写真右・希望小売価格294円)

写真拡大

ハーゲンダッツ ジャパンは2月9日(火)から期間限定で、ハーブとフルーツを組み合わせた新フレーバー2種類を発売。ハーゲンダッツ ミニカップ「ローズヒップ&ラズベリー」(希望小売価格294円)と、ハーゲンダッツ ミニカップ「ラベンダー&ブルーベリー」(希望小売価格294円)が全国の店頭に並ぶ。

【写真を見る】淡く春らしい色合いも魅力的!ローズヒップの繊細な香りを楽しめる「ローズヒップ&ラズベリー」(希望小売価格294円)

2014年は花と野菜、2015年は餅を取り入れた商品を世に送り出し、常に新しい味を追求し続けてきたハーゲンダッツ。そんな同社が次に注目したのは、華やかな香りを持つ素材、ハーブだった。

2月4日(木)に開催された新商品試食会で、開発担当者は「ハーブは本来香りを楽しむもので、これまでアイスクリームに使うことはあまり多くなかったと思います。ですが、ハーブティーなどの食品で親しむ方も増えている中、ハーブ味のアイスクリームを食べてみたいという声が寄せられ、新たに挑戦してみました」と開発に至った経緯を説明した。

記者が試食してみたところ、「ローズヒップ&ラズベリー」は、クセのないまろやかな味わいが印象的だった。口に含んだ瞬間、ローズヒップがほのかに香り、後から濃厚なミルクの風味が追いかけてくる。ラズベリーの甘酸っぱさも相まって、甘すぎずペロリと食べられるおいしさだ。

「元々ローズヒップは香りが弱いため、開発時はアイスクリームとのバランスをとるのに苦労したそうです」と、広報担当者。口の中に広がる絶妙なハーモニーに、ハーゲンダッツのこだわりが表れていた。

一方の「ラベンダー&ブルーベリー」は、爽やかなラベンダーの香りを存分に堪能できる一品。ブルーベリーの酸味もしっかりと感じられ、「ローズヒップ&ラズベリー」と比べるとさっぱりした味に仕上がっている。ラベンダーとブルーベリーの相性の良さを教えてくれる、新感覚のアイスクリームだ。

春らしさ満点の「ローズヒップ&ラズベリー」と、奥深く大人っぽい味わいの「ラベンダー&ブルーベリー」。ハーゲンダッツの新たな魅力が詰まったフレーバーを、ぜひ試してみて。【東京ウォーカー】