屏東県政府提供

写真拡大

(屏東 4日 中央社)間もなく台湾初の女性総統となる民進党・蔡英文主席。父親の故郷の屏東県枋山郷楓港では県が観光スポット化を急いでいる。すでに周辺では自動車400台分の駐車場も建設中だ。

蔡氏の父親の実家は、福建南部の風格を持った2階建ての家屋。後方には豚舎があったが、現在は庭園に整備された。敷地内には同地や中国大陸の一部にしかみられない楓港柿と呼ばれる木が植えられ、「楓園」と書かれた立て看板もある。

県ではパンフレットを作成し、蔡氏が選挙戦終盤に参拝した徳隆宮や帰郷時に宿泊した旅館、行きつけのレストランなどの情報を記載。観光果樹園や自然公園など周辺の名所も紹介している。県では蔡氏の高い人気にあやかり、町おこしにつなげたい考えだ。

(郭シセン/編集:齊藤啓介)