アプリを使って多彩なコミュニケーションができる

写真拡大

玩具メーカーのアガツマ(東京都台東区)は、スマートフォン等を使って多彩なコミュニケーションができるトイぬいぐるみ「my friend Teddy(マイフレンドテディ)」を、2016年3月4日から全国の玩具売場やオンラインショップで発売する。

15年9月より米国など世界8か国で発売され、イギリスではクリスマスプレゼントのおすすめ幼児玩具として注目を集めた。

おなかを触ると喜んだり、口を動かしておしゃべりをしたり、逆さまにすると傾斜センサーが反応して嫌がる動作をする。さらにタブレットやスマートフォンの専用アプリを使用すると、より多彩な機能を楽しむことができる。

音声合成で世界的に有名な「ニュアンス社」の技術により、専用アプリで50の質問に答えると、その内容がおしゃべりに反映される。

会話以外にも「動く絵本」や「パズルゲーム」「童話」「童謡」の遊び、「算数」「動物」「英語」などの勉強、「家族のアルバム」のコンテンツも搭載。年齢に合わせておしゃべりやパズルの難易度を3段階に設定できる。

価格は8800円(税別)で、専用アプリを日本語以外の言語に対応させる場合には別途費用が必要。