写真提供:マイナビニュース

写真拡大

京セラは2月4日、京セラドキュメントソリューションズ ジャパンが京セラドキュメントソリューションズ製の高速カラーA4プリンタ「ECOSYS P7040cdn」を2月下旬より発売すると発表した。

同製品は、従来機である「ECOSYS FS-C5400DN」よりも印刷スピードをさらに速くし、カラー・白黒ともに毎分40枚を実現。最大給紙容量は2100枚(オプション増設カセット3段増設時)となっている。また、従来機同様、2系統のネットワークへの同時出力が可能となっており、基幹系システムと一般事務用の2つのネットワークを必要とする病院や診療所などで活躍するものとなっている。

さらに、京セラ独自の長寿命技術により、本体寿命は90万枚、また30万枚までトナー以外の消耗部品の交換が必要のないアモルファスシリコンドラムが採用されている。ランニングコストとしては、A4用紙1枚あたりカラー約7.0円、白黒約1.0円と抑えられている。

そのほか、受付に置いても気にならないよう静音設計を重視して開発されている。ポリゴンモーターの回転を抑制し、回転時に発する高周波数を抑える2ビームレーザーの搭載や一部のファンの回転回数を減らし、一般的な使用環境では本体動作音を低減させることを実現しているという。

ワイヤレスプリントも可能となっており、モバイル端末からワイヤレス印刷ができる「AirPrint」や「KYOCERA Mobile Print」に加え、「Mopriaプリント」などのモバイルプリント機能に対応している。

同製品の希望小売価格(税別)は、21万8000円。オプション、設置費用、保守料金などは別途発生する。

(石原由起)