TRIPRINCIPLEパター TP−S500

写真拡大

ヨネックスは、「1mのパットが90%以上の確率で入る」ことでアマ、プロ問わず多くのゴルファーから反響を集めたTRIPRINCIPLE(トライプリンシプル)パターに、新形状の採用と重心調節機能を持たせた、福岡大学・清永明名誉教授発案のニューモデル「TRIPRINCIPLEパター TP-S500」を2016年3月上旬に発売する。

ヘッドクラウン部に目標線に対するガイドラインを配置。このガイドライン内でストロークすれば理論上1m以内はカップインする目安となる。

ヘッドのトウ側とヒール側に重量の異なる4つのウェイトを配置し、「左に引っ掛ける」「右に押し出す」等のミスを重心調節でストロークを安定させ直進性を向上させた。

ヘッド形状は、従来比の黄金比の形状に代えて白銀比を採用することで深い重心となり、スウィートエリアが広がりミスヒットを軽減した。白銀比は用紙サイズなどに採用され、安心感・安定感のある比率とされている。

価格はオープン。