4日、韓国メディアによると、3日に開通した韓国・仁川国際空港のリニアモーターカーが、運行開始から8分後に線路の上で急停車していたことが分かった。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年2月4日、韓国・KBSによると、3日に開通した韓国・仁川国際空港のリニアモーターカーが、運行開始から8分後に線路の上で急停車していたことが分かった。

韓国国土交通部は3日、開通式後に運行を開始した仁川国際空港とその周辺を結ぶリニアモーターカーが、時速60キロで走行中、終点の約300メートル手前で急停車したと明らかにした。乗客らの体は一方に大きく傾き、車両からは煙が上がった。10秒後には再び動き出し、終点の龍遊駅に到着した。

同部は線路上の障害物を感知するセンサーが過敏に反応したとみて、詳しい原因を調べている。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「韓国人の粗雑さは世界1位。これは韓国が消滅する日まで直らない」
「数日前のインタビューで、『何度も試験運行を行ったので安全だ』と話していたのに…」

「世界最大、世界最高、世界初が大好きな韓国。世界最高の恥さらしだ」
「最新で最高の性能が搭載されているのだろう。ただ商用化、実用化が難しいだけ…」

「研究費のほとんどを人件費に使っているからそのような事故が起きる」
「予想通りの展開。国民は初めから期待していなかった」

「やっぱり韓国。国民を乗せて安全テストを行ったのか?」
「スピードが遅くて危険なリニアなんていらない」
「今後も同じような事故が相次いで発生するのでは?そのうち大きな事故につながりそうで怖い」

「日本から輸入して!日本のものも先端技術が詰め込まれている」
「未完成な状態で運行を開始するなんて、日本では絶対にありえないこと」(翻訳・編集/堂本)