1月30日、31日に埼玉県加須市・加須市民体育館で行なわれた『ボルダリング・ジャパンカップ2016』(以下BJC)には、例年以上に多くの観客とメディアが詰めかけた。「スポーツクライミング」が2020年の東京オリンピックの追加種目の有力候補になっていることに加え、クライミング・ワールドカップ(以下WC)のボルダリング部門で、昨年までシリーズ王者2連覇中の野口啓代(あきよ)が出場していたためだ。

 結果は、メディアのカメラの砲列が向けられるプレッシャーをはねのけ、野口が2年ぶり10度目の優勝を手にした。

 ボルダリングは、クライミングウォール(人工壁)に付いた大小のホールド(突起物)を、手や足を使って登りながらゴールを目指す競技。ジムでは壁一面に色とりどりのホールドがぎっしりと付けられ、「課題」はテープなどで使用できるホールドが指定されている。

 しかし、IFSC(国際スポーツクライミング連盟)のルールのもとでの競技は、1面のクライミングウォールには1課題のみ。最大12個、平均4〜7個のハンドホールドで設定された課題を、選手たちは制限時間内の完登(課題を登り切ること)を目指してトライする。

 失敗しても、時間内なら完登するまで何度でもトライできるが、肉体は消耗することになる。出場選手の公平性を保つために、事前に課題内容を知ることはできない。初めて対峙する課題に対し、選手は日々のトレーニングと、応用力で立ち向かう。予選は5本、準決勝・決勝は各4本の課題があり、完登数で成績が決まる。

 野口は決勝ラウンド2課題目(※1)、半球状のハリボテ(※2)右下に付いた小さなカチ(※3)をマッチ(※4)した体勢から、勢いをつけて右足に乗り込みながら立ち上がり、右手でTOPホールド(※5)を取りに出る。右手全体でホールドを押さえ込んだ瞬間、バランスを崩しかけたが、カチを握った左手の保持力と、左足を壁に当てて体をコントロール下に置き直した。その直後、野口は左手でホールドを2度叩き、さらに左手をTOPホールドに添えて完登を決めると、今度はクライミングウォールを右手で3度叩いて喜びを爆発させた。
※1 決勝ラウンドは4課題。決勝進出6選手は1課題ごとに順番にステージに登場してトライする。全選手のトライが終わると次の課題に移行する。6選手は他の選手のトライを見ることはできない。
※2 ホールドの一種で様々な形状があり、抱え込めるほどの大きさがある。近年のWCはハリボテで作られる課題が主流。
※3 ホールドの一種。厚みが指先から第一関節ほどしかなく、指先を引っ掛けて握る。
※4 マッチ。ひとつのホールドを両手で持つこと。
※5 TOPはゴールに指定されたホールドのこと。TOPホールドを両手で保持すると完登となる。

「1課題目がスタートから何もできないまま終わってしまい、メンタル的に去年のトラウマに陥りそうでしたけど、気持ちを切り替えて2課題目以降に臨もうと集中し直しました。それで2課題目が登れた。めちゃうれしかったし、ほっとした気持ちがありましたね。あれでそれまでの悪い流れが断ち切れました」

 完登した選手が、ホールドや壁を叩いて喜びを表す光景は珍しくない。だが、野口のそれは単に喜びを表現するだけではなく、まるで憑(つ)いていた悪いものを祓(はら)い落としているかのようにも見えた。

 今年5月で27歳になる野口にとって、BJCの舞台は2005年の第1回大会に16歳で初代女王となってから、2014年まで9連覇(2010年は開催なし)を達成する独擅場だった。しかし、昨年のBJCは、初日の予選をグループ1位で突破したものの、大会2日目に20名で競う準決勝でまさかの9位。2014年シーズンのWCボルダリング王者は、上位6選手が進める決勝ラウンドに残ることさえできずに散った。

「去年のBJCを振り返ると、やっぱりプレッシャーが大きかったなと思いますね。10連覇を意識しないようにしていましたけど、勝ち続けることの難しさを知りました。大会後はすごく落ち込みましたし、引きずりかけました。ただ、あの結果があったからこそ、去年はワールドカップで2度目の2連覇(過去に2009、2010年も連覇している)を達成できたのだと思っています」

 敗戦をバネに変えて世界の舞台で再び輝きを放ち、自信を取り戻した野口にとって、それを完全なものとして結実させるためにも、どうしても今回のBJCのタイトルは譲れないものだった。

 だが、準決勝は1課題目で完登したもののスタートに苦しみ、3課題目は完登を逃した。決勝ラウンドでも、1課題目はスタート直後の1、2手が解消できず、女王に返り咲くには暗雲が立ち込めていた。

 勝敗を分けたのは3課題目だった。1完登で並ぶ野口、野中生萌(みほう)、加島智子の3選手に優勝争いが絞られたなかで、最初に登場した野口は1回目のアテンプト(※)でゴール取りまで進む。だが、伸ばした右手指はわずかにホールドにかからずに落下。2アテンプト目でTOP手前のホールドを持つ手の位置や、左足を置く場所を微妙に修正することで、1回目は届かなかった距離を生み出した。
※ スタートを切ること。完登数が同じ場合は、完登した課題のアテンプト数が少ない選手が成績上位となる。

「純粋に完登したうれしさは、2課題目よりも3課題目の方が大きかったですね。ワールドカップに10年参戦させてもらっている経験が生きました」

 3課題目を野口が登り切った姿を、出番を控える野中と加島が直接見ることはできない。だが、観客の大歓声は彼女たちの耳にも届き、重圧を受けることになった。

 結果は、加島、野中ともに3課題目を完登できず、4課題目は3選手ともにTOPホールドに届かなかった。優勝は野口に決まった。

「ジャパンカップは私にとって特別な大会なので、優勝できて本当にうれしい。これまでの優勝とは比べようがないけど、新鮮な気持ちです」と笑顔が弾けた。

 野口が長年トップランナーとして君臨できているのは、165cmの恵まれた体格や指の保持力の強さ、抜群の持久力、体の柔軟性などとともに、限られた時間内でムーブ(※)を修正する能力の高さにもある。なぜ、とっさの状況でさまざまなムーブを繰り出せるのか。その理由を訊ねた。
※登るための動き方のこと。課題の中にあるホールドを両手両足のどれで、どう使いながら登るのかを想定する

「ほかの人の登りを観察するのが好きだからでしょうかね。普段からいろいろな人がどういう登り方をするかを、たくさん見ています。私にない体の動かし方だなとか、こういう登り方がこの人の特徴だなとか。登り方だけではなく、試合中のメンタルのコントロールの仕方なども含めて、本当にいろいろな部分を観察していますね。それが試合で役立っているのかもしれません」

 決勝ラウンドの2課題目は、加島と野口のふたりが完登したが、核心部(※)のムーブはまるで違った。同じ課題でも体格や自らの特長を生かしたムーブによって、多種多様な登り方があるのがボルダリングの醍醐味であり、楽しさである。
※ 課題の中で最も難しいと選手が考える場所

 その楽しさが広く浸透したからこそ、国内でこれほどまでに普及したのだ。ただ、現状は "観る"領域の奥深さに気づいている人は多くない。だが、未経験者でも、ルールを知らなくても、課題を登るために制限時間内で創意工夫を凝らす選手たちの姿を観れば、その魅力に引き込まれるはずである。

 今回のBJCの舞台となった埼玉県加須市では、4月23日、24日にWCボルダリングが開催される。日本での開催は実に9年ぶりのこと。世界のトップクライマーとともに、今大会で準決勝に進出した選手たち(※)が、男女ともに顔をそろえる。もちろん、女王に返り咲いた野口も出場する。
※ワールドカップは出場に年齢制限があり、開催年の誕生日で16歳になる選手からとなっているため、BJC20位以内の選手でも、これをクリアしていない選手は出場できない。

「今回よりもワールドカップの時は課題がもっと難しくなるでしょうし、しっかり調整して臨みたいです。世界中から素晴らしい選手たちが出場するので、もっと多くの方に会場から応援してもらえるとうれしいですね」

BJC2016結果
[女子]
1位 野口啓代
2位 加島智子
3位 野中生萌
4位 伊藤ふたば
5位 渡邊沙亜里
6位 田嶋あいか

[男子]
1位 藤井 快
2位 杉本 怜
3位 山内 誠
4位 石松大晟
5位 渡部桂太
6位 堀 創

津金一郎●取材・文 text by Tsugane Ichiro