国内初、「微量モード」搭載で防塵・防水を実現! (写真は、左が「KW‐320」、「KW‐220」)

写真拡大

健康企業のタニタは、高い防塵・防水機能をもたせた家庭用のデジタルクッキングスケール「KW‐320」と「KW‐220」を、2016年2月1日に発売した。

「KW‐320」と「KW‐220」はいずれも家庭用のデジタルクッキングスケールとしては上位の、電気機械器具の外郭による保護等級(IPコード)で「IP65」を取得。本体内部への粉塵の侵入を完全にシャットアウトするとともに、本体を水洗いできるようにしたのが特徴。お菓子やパンづくりに便利な0.1グラムから計量できる「微量モード」を搭載しながら、防塵・防水を実現したデジタルクッキングスケールは国内で初めて。

また、衛生面にも配慮。取り外して洗える計量皿、ふき取りやすいデザインで、簡単にお手入れができるようにした。文字高は28ミリメートルで、大きなボウルを載せても表示を見やすくしたほか、水や牛乳の容量が計測できる「ミリリットルモード」を搭載して、利便性を高めた。

さらに、「KW‐320」はシリコンマットをつけることで、滑りやすいガラスボウルも安心して使えるようにしている。

計量範囲は「KW‐320」が0〜3キログラム、「KW‐220」が0〜2キログラム。最小表示は、いずれも1グラム(「微量モード」時は0.1グラム)。

本体サイズと重量は、「KW‐320」が幅143×高さ40×奥行216ミリメートルで、約581グラム(シリコンマット含む)。「KW‐220」は幅143×高さ39×奥行216ミリメートルで、約554グラム。

色はホワイトが基調で、清潔感を高めた。

オープン価格。