3日、英紙ガーディアンによると、北朝鮮が事実上の長距離弾道ミサイル発射計画を通知したことを受け、日本政府は自衛隊に破壊措置命令を発令した。この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年2月3日、英紙ガーディアンによると、北朝鮮が事実上の長距離弾道ミサイル発射計画を通知したことを受け、日本政府は自衛隊に破壊措置命令を発令した。

北朝鮮は8日から25日の間に人工衛星の打ち上げを計画していると予告したが、事実上の長距離弾道ミサイル発射の予告とみられている。北朝鮮による予告を受け、中谷元・防衛相は3日、日本国内に落下することに備えて、自衛隊に破壊措置命令を発令したことを明らかにした。また、安倍晋三首相は同日、北朝鮮による発射予告は「重大な挑発行為だ」と非難し、北朝鮮にミサイル発射をさせないよう米国や韓国と連携していくと述べた。

この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。

「北朝鮮が何か厄介なことを始める度に、日本政府はいつも同じことを言っているよ」

「北朝鮮は挑発的だ。米国も日本もそうだよ」

「ああ、私たちみんな、死んでしまう!」

「どちらも戦争をしたくてうずうずしているだけだ」

「北朝鮮は中国なしには生き延びられないし、中国は北朝鮮の政権に異変が起きないようにあらゆる手段を尽くすだろう」

「北朝鮮は誰のことも無視するだろう。そしてミサイルを発射するだろうね」(翻訳・編集/蘆田)