中国では今年(2016年)、春節(旧正月)を中心とした大型連休が7日の日曜日から13日の土曜日まで行われる。大型連休に合わせて旅行する人も少なくない。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では今年(2016年)、春節(旧正月)を中心とした大型連休が7日の日曜日から13日の土曜日まで行われる。大型連休に合わせて旅行する人も少なくない。連休にあわせ中国共産党機関紙、人民日報の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)公式アカウントは旅行者にむけて「絶対使える!旅行中の小技30個」と題して記事を紹介した。一部の内容には「悪知恵」として紹介すべきではとツッコミたくなる「小技」も書かれていた。

 記事では「パスポートや身分証のコピーを取りましょう」や「お金は財布、リュック、ポケットに分けて持った方が安全」など旅行になれない人が見落としがちな重要な備えから、「靴をスーツケースにしまうときには、シャワーキャップで包めば汚れない」、「各種電源ケーブルはメガネケースにしまえば便利で整頓できる」などまさしく「小技」といえるテクニックが紹介されていた。

 中には「携帯の充電器を忘れたなら、ホテルにあるテレビ裏面のUSB差込口が(電源として)使えるぞ」、「充電ケーブルを忘れたならば、フロントに聞いてみよう、『遺失物センター』にある誰かの忘れ物が借りられるぞ」など、小技というより「悪知恵」なのではとツッコミたくなる旅の知恵もあった。

 一方で「ホテルにあるガラスのコップに注意、前に宿泊した人がすでに使っているなど汚れている可能性も、汚ければ病気は簡単にうつるぞ」と、事実ならば小技としてではなく真面目に注意喚起してほしい情報も書かれていた。

 中国では春節を前にして「春運」と呼ばれる「中国人の大移動」の真っただ中だ。「春運」期間中である1月24日から3月3日の間には、のべ29億1000万人が移動するという。なお15年に比べて3.6%増とのことだ。なかには旅行が初めての人もいるだろう。15年の春節連休の際には旅客の非常識な行動や観光地などでのトラブルが報じられた。今年も各地でトラブルが発生することが予想される。なお記事にはトラブルを起こさないようにする「小技」は見当らなかった。(編集担当:大平祥雲)(イメージ写真提供:123RF)