「2015年の地球の天気」を8分で観る動画

写真拡大

欧州気象衛星開発機構(EUMETSAT)は、2015年の地球全体の気象現象を早送りで観ることのできる動画を発表した。米国海洋大気庁(NOAA)や日本の気象庁のデータも使われている。

多くの英国人にとって、気象状態の観察は年間を通じての楽しみだ。それがいまや、気象衛星や「YouTube」、タイムラプス技術、そして欧州気象衛星開発機構(EUMETSAT)のおかげで、格段に効率よく行えるようになった。

「「2015年の地球の天気」を8分で観る動画」の写真・リンク付きの記事はこちら

EUMETSATは、2015年の気象状態に関する大量の情報をひとつにまとめて、2015年における地球全体の気象現象が早送りでわかる8分44秒の動画を作成したのだ。

冒頭に示した動画は、赤外線探知衛星で収集した衛星データを、米航空宇宙局(NASA)が作成した地球の地図に重ねたものだ。気温の高さや降雨が記録的だったとされる2015年の地球全体の気象変化を、季節の移り変わりとともに見ることができる。

EUMETSATは、ヨーロッパ各国が加盟・協力している機関で、ヨーロッパ大陸の多くの気象衛星の打ち上げと維持管理を支援し、収集した気象や気候のデータを世界中に配信している。これらのデータは、嵐や洪水など深刻な気象災害の際にEUMETSATが警告を出すときの判断材料となり、被害を軽減するために役立っている。

動画のデータには、米国海洋大気庁(NOAA)と、日本の気象庁が集めた情報も含まれている。

動画の解説を担当しているのは、EUMETSATのトレーニング・マネージャーを務めるマーク・ヒギンズだ。動画が冬に近づくと、ヒギンズ氏は、「気象予報で難しいことのひとつは、何がやってくるのかを人々に適切に認識してもらうことです」と述べ、複数の嵐が英国に急速に近づいていることを指摘する。

「英国とアイルランドでは、2015年より、嵐に名前を付けることにしました。その理由のひとつは、重大な嵐が近づいていることを人々に警告するためです」という解説に続き、動画では「アビゲイル」、「バーニー」、「クローダ」、「デズモンド」、「イヴ」などと名付けられた嵐が英国諸島に次々と流れ込んでいる(冬になると、メキシコ湾や北米で低気圧が盛んに発生し、それが大西洋を北東に移動しながら発達、ヨーロッパに到達してから弱まるという気象パターンが頻繁に発生する)。

関連記事:早送りで見た「積もる雪」

TAG

VideoWeatherWIRED UK