2日、中国でテレビ放映中の韓国ドラマ「星から来たあなた」について、その結末がオリジナル版と違ったものになることが明らかになった。写真はキム・スヒョン。

写真拡大

2016年2月2日、中国でテレビ放映中の韓国ドラマ「星から来たあなた」について、その結末がオリジナル版と違ったものになることが明らかになった。新浪が伝えた。

【その他の写真】

2013年の韓国ドラマ「星から来たあなた」は、女性韓流スターと、地球にやって来た異星人の恋を描くもの。中国でも大ブームを巻き起こし、動画配信サイトでは再生回数が40億回に届くほどの人気に。主演俳優のキム・スヒョンも人気沸騰し、30社を超える企業がCM契約を結んでいる。

その「星から来たあなた」が先月末から、安徽衛星テレビで放送されている。中国ではコンテンツの描写に対する締め付けが厳しく、妖怪や異星人といったキャラクターは禁止となっている。このため、テレビ放送にこぎ着けるため2年を要した。

放送中の同ドラマについて、結末がオリジナル版とは違ったものになることが明らかになった。異星人が実は人間の小説家で、これまでの全ては恋人のために書いた小説だった、という終わり方になるという。なお、オリジナル版が全21話なのに対し、中国版は全30話となっている。

製作したHBエンターテインメントによると、版権売買の契約上の問題により、中国側が手を加えることを阻止できないという。(翻訳・編集/Mathilda)