橋本環奈“組長”の17歳を祝う、サプライズで機関銃ケーキが登場。

写真拡大

アイドルグループ・Rev.from DVLの橋本環奈が2月3日、主演映画「セーラー服と機関銃 -卒業-」の完成披露試写会に登壇。17歳の誕生日当日ということで、会場が一体となったバースデーサプライズが行われた。

この日、MCの呼び込みで橋本を筆頭に長谷川博己、武田鉄矢、大野拓朗、宇野祥平、前田弘二監督が登壇すると場内は大盛り上がり。「組長ー!」の掛け声が飛び交う中で舞台挨拶はスタートした。

橋本は「本日は大勢の皆さまにお越しいただき誠にありがとうございます。多くのキャストの皆さま、スタッフの皆さまの力によってこの映画が完成いたしました。本日こうして披露することができてとてもうれしいです」と挨拶。長谷川も「今日は最後まで楽しんで下さい」と続くと、大野は「伝説のセーラー服と機関銃が復活!ゆかいな仲間たちとのトークとともに楽しんでください」、宇野は「新たな想いでご覧ください」と続けた。

また武田は「若い人と一緒に仕事をすると熱い思いが伝わってくる。(撮影時の)夏のいい思い出がよみがえってきます。ご覧いただく皆さんにもその楽しみが伝わるようにと思います」と感慨深げに挨拶した。

そして前田監督は「完成披露というこの日を迎えられて本当に嬉しいです。最高のキャスト・スタッフに囲まれ、自信を持ってご覧いただくことができる作品が完成しました。感無量です」と万感の思いをにじませた。

橋本は、年上ばかりの共演者の印象を聞かれると「武田さんとはちょうど50歳離れていることを先ほど知って、驚きました。皆さんいるだけで存在感の凄い方たちばかりだったのですが、その迫力に負けないように、全力でぶつかっていきました」と答え、組長らしい逞しさを見せた。

また1か月間住み込んで臨んだ高崎ロケでの思い出を聞かれると「高崎を満喫しました。(名産の)ダルマに目入れをしたりして一時期7体に囲まれて一緒に寝たりしていました」と微笑ましいエピソードも。

大野が「メダカカフェにもダルマがありましたよね?」というと橋本は「あのダルマちょっと宇野さんに似ていましたよね」と振られ、宇野も照れながら同意していた。

意外にも初めてのヤクザ役だった長谷川は「堅苦しい役が続いていたので、凄く楽しかった!アクションがたくさんあって最初は大丈夫かなと不安だったけど、やっているうちにどんどん楽しくなってきた。自分のアクションで一番の見せ場だと思うシーンがカットされていてそれがちょっと残念」と監督にチクリ。監督は恐縮しきりだった。

橋本の組長ぶりを聞かれた宇野は「組長はしっかりしているので、怒られないようにしなきゃと思っていました。年齢って関係ないんだな」と語り、場内を笑いに包んだ。

武田は「撮影が大変なのは承知で、私も経験がある。デビュー作でも20歳離れた高倉健さんが、とても気を使ってくれました。健さんにご恩返しというつもりも込めて、機関銃掃射のシーンで中々OKが出なかったとき、監督の言うことなんか忘れてやりたいようにやったらいいとアドバイスしました。若い人にはのびのびと演じてほしかったんです」と語ると、橋本は「名台詞の名シーンなので、成功させたいと思っていて考えすぎたのかもしれません。武田さんのアドバイスがあったから上手くでました」と感謝の気持ちを表した。

そして、この日17歳の誕生日を迎えた橋本を、登壇者と会場がサプライズでお祝い。機関銃をかたどったケーキが運ばれ、観客から「組長!お誕生日おめでとう!!」という掛け声がかけられると、橋本は「誕生日なんて気づいていなかった、こんなに大勢の方に祝われるのは初めてなのでとてもうれしいです!」とコメント。また「『セーラー服と機関銃 -卒業-』で主演を務めさせていただき、また主題歌も担当させていただきました。この映画をきっかけに芯のある女優さんになっていきたいと思いますし、演技も歌ももっともっと頑張っていきたいです」と抱負を力強く語った。