自分への“ご褒美ショコラ”はルックスで選ぶ。「銀座三越」のおすすめ5選

写真拡大 (全5枚)

百貨店のバレンタインフェアには、人気ブランドのとびきりのチョコレートが勢ぞろい。せっかくだから彼に贈るプレゼントだけではなく、自分への“ご褒美ショコラ”も手に入れたい。そんな女子におすすめの美ルックスの逸品を、銀座三越で編集部がセレクトしてご紹介。

同店では、2016年1月27日(水)から2月15日(月)までの期間、7階催物会場で約70ブランドのチョコレートが並ぶバレンタインフェア「GINZA Sweets Collection 2016(ギンザスウィーツコレクション2016)」を開催しているほか、2月14日(日)まで地下2階の食品売り場にも季節商品が並んでいる。

写真は、フランス生まれの人気ブランド「DALLOYAU(ダロワイヨ)」の「ボワット・クール・ローズ」(4320円)。ピンクのバラ付きが印象的なショコラで作ったハート型のボックスの中には、選りすぐりの4粒が入っているそう。

ノワールショコラを使ったビターな「ダロワイヨ」、糖衣がけしたヘーゼルナッツを入れた「ピエモンテ」、ノワールショコラとレの2種類のドゥジャを閉じ込めた「ドゥジャトゥジュール」、アーモンドプラリネにピスターシュのダートマンドを詰めた「プラリネピスターシュ」は、いずれも同店で人気が高いチョコレートなのだそう。

「こちらは、地下2階で2月2日(火)から14日(日)の期間に販売します。銀座三越限定で30点限りなので、気になる方はお早めにお求めください」と、広報担当者さん。このほか、気分を上げてくれる見た目も華やかなチョコレート4点についても詳しく教えてもらった。◆ガラスの器にボンボンショコラを入れた「レーブ ドゥ ビジュー × イァン・アンドリース2016」


ベルギーチョコレートの専門店「Reve De Bijoux(レーヴ ドゥ ビジュー)」は、ガラスケースを器にした「レーヴ ドゥ ビジュー × イァン・アンドリース2016」(3780円)を、100点限りの三越銀座限定品として提供する。こちらは年に1回、バレンタインの催事にのみ登場するブランドで、日本に店舗を持たないベルギーの絶品チョコレートを紹介しているとか。

「ベルギー前国王の即位式晩餐会でショコラティエ兼パティシエとして任命されたイァン・アンドリースさんのチョコレートは、カカオの甘みと苦みのバランスが絶妙なのが特徴です。ハートのショコラはフランボワーズ、四角いほうはアプリコット風味で、いずれもキレのよい味わいを楽しむことができます」(同)

底面がワインレッドとゴールドで彩られたガラスの器は、厚みのあるかたちが手のひらで心地がいいのもポイント。

◆ベトナム伝統の器×ハーブや花のショコラを組み合わせた「ロイヤルボタニカルガーデン」


可愛い器付きのチョコレートを求めるのなら、英国・ロンドンの老舗チョコレート店「PRESTAT(プレスタ)」も要チェック。同店からは、ベトナム伝統のバッチャン焼きにハーブ入りのショコラを入れた「ロイヤルボタニカルガーデン」(各1個入2160円)が銀座三越限定で登場。手のひらサイズの器は蓮や菊など絵柄付きで、赤と青の2色が揃う。

「赤い容器にはストロベリーミント、青にはコーヒーミントの1粒入りです。両方ともチョコレートの中にはフォンダンが詰まっています」(同)

花の絵柄が愛らしい器入りのチョコレートは、女友達へのちょっとしたプレゼントにしても喜ばれるはず。

◆ビビッドなカラーが春を感じさせる「アートタルト」


華やかなケーキが人気のスイーツショップ「GIOTTO(ジョトォ)」は、地下2階で1月15日(金)から2月14日までの期間、3種類のタルトを並べた「アートタルト(3個入)」(1620円)を用意している。こちらはチョコレートタルトをさくさくした食感のシガレット生地(フィアンティーヌ)に包み、色鮮やかなチョコレートプレートとドライフルーツを盛り付けたスイーツ。

「写真は左から、黒ゴマ付きコーヒーカップに入れてドライイチジクを飾った『アートタルト グリーン』、チョコレートのコーンカップとフリーズドライのイチゴを組み合わせた『アートタルト 苺』、ドライマンゴーをトッピングした『アートタルト マンゴー』です。味わいを凝縮したドライフルーツとチョコレートのマリアージュを楽しんでいただけます」(同)

花や蝶を思わせるドライフルーツを使ったデコレーションが、一足さきに春の気分を届けてくれそう。

◆優しいピンク色が女心をくすぐる「国産苺のショコラ」


フルーツを主役にしたショコラを得意とする「Lumi(リュミ)」は、旬のイチゴを使った「国産苺のショコラ」。写真右は「スカイベリー」、左は「とちおとめ」を使っていて、イチゴのみずみずしい味わいを堪能できるそう。それぞれのイチゴの違いを食べ比べて楽しんで。