Doctors Me(ドクターズミー)- 女医が教える!デリケートゾーンケアの正しい方法&間違った方法!

写真拡大

デリケートゾーンは、恥ずかしさなどもあってなかなか人にケアの方法などを聞くこともないのではないでしょうか。しかし、デリケートゾーンのケアが十分でなかったり、間違った方法だと、においがきつくなったり、雑菌が増えたり、かゆみがでたりすることもあります。また、膣炎などの炎症も起こることがあります。

今回は、今まであまりちゃんと確認することがなかった、デリケートゾーンのケアの方法について、医師に解説していただきました。

デリケートゾーンのにおいの原因は?

デリケートゾーンは繊細であるため、なかなかしっかり洗ったことがない、という方もいるかもしれません。デリケートゾーンは、その場所や構造から、おりものなどの分泌物がついてできる汚れである、恥垢(ちこう)と呼ばれる垢や尿などが残りやすくなります。これらが溜まると、雑菌が増えて、嫌なにおいの原因となったり、かゆみの原因にもなります。

また、ナプキンや下着などで蒸れやすいのもにおいやかゆみの原因となります。加えて、ワキと同じように、アポクリン腺という脂質などを分泌し、わきがの原因ともなる汗腺がたくさんあるため、わきがが発生するのと同じような機序で、放っておくとどうしてもにおいがきつくなりやすくなります。

これらは、洗い方を見直すだけで解消することもよくあることです。では、どのようなやり方がよいのでしょうか。

デリケートゾーン、どうやって洗ってる? 正しい洗い方は?

デリケートゾーンは粘膜も多く、皮膚も薄く弱いため、石けんやボディソープを直接つけたりせず、手でしっかり泡立てたもので、優しく洗います。ナイロンタオルなどを使うと傷がつきやすいので、指の腹を使って、傷つけないよう前から後ろへ洗います。

陰毛は、根元からマッサージするようにしっかりと洗います。会陰、性器部分は、一度鏡などで確認し、恥垢がたまっていれば、その部分をしっかりと指の腹で洗います。最後にお湯でシャワーですすぎ、しっかり洗い流します。

膣の中を石けんで洗うと、感染症から守ってくれている乳酸菌などを洗い流してしまい、かえって菌などの感染をまねき、カンジダ膣炎などの炎症を起こしてしまうことがあります。そのため、洗いすぎは要注意です。膣の中は石けんやボディーソープを使うことはやめましょう。

また、他の皮膚は大丈夫でも、デリケートゾーンは皮膚が弱いため、石けんやボディーソープが合わず、かゆみを引き起こすこともありますので、かゆみなどがある方はデリケートゾーン専用など肌に優しい石けんで洗うか、お湯で洗うようにするのも一つです。

医師からのアドバイス

デリケートゾーンは、下着やナプキンなどで蒸れやすいため、日中のケアも大切です。おりものシートやナプキンは付けっ放しにしてしまうと、これもかゆみなどの原因になるため、頻繁にかえてください。また、下着はあまりぴったりしたものを避けるようにして、風通しよくしてあげるとよいでしょう。

(監修:Doctors Me 医師)